エクセルで支払い予定日を自動表示する方法(EOMONTH関数)

エクセルで請求日を入力すると、
自動的に支払日を表示する設定方法です。

この設定を有効にするには、
「分析ツール」が
インストールされている必要があります。

◆分析ツールのインストール方法
(エクセル旧バージョン)

1、メニューの「ツール」→「アドイン」と進みます。

2、アドインの画面で、分析ツールにチェックを入れます。

3、「OK」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

※ この時オフィースの
CD挿入を要求する場合がありますので
準備しておいてください。

◆新バージョンのエクセルで
分析ツールの追加方法は

「ファイル」→
「オプション」→
「アドイン」を順番にクリック。
次の画面で
「設定(G)」ボタンをクリック。
分析ツールにチェックを入れて
「OK」ボタンをクリックする。

設定方法(エクセル旧バージョン)

1、まず、請求日と支払予定日の表を作ります。

2、支払予定日を表示させるセルを選択します。
(そのセルをクリックして確定します)

3、メニューの
「挿入」→
「関数」と進み
「関数の貼り付け」画面を開きます。

EOMONTH関数で支払い日自動表示

4「関数の分類」のメニューから
 「日付/時刻」を選択し、
 表示された「関数名」のメニューから
 「EOMONTH 」を選択します。

5、「OK」ボタンをクリックします。

6、開いた
 「関数の引数」画面の
 「開始日」に請求日を入力する
 セルの番号を入力します。
(そのセルが B2であればB2と入力する)

7「月」に何ヶ月後に支払いをするのか、
 月数を入力します。
(2ヶ月後が支払い日であれば、2と入力します)

8「OK」ボタンをクリックして設定は完了です。

※日付が数値で表示された場合は
 セルの書式設定で日付に変えてください。

請求日を入力すると、自動的に支払い日が表示されます

エクセル2013以降の使い方は
後ほど追記します。