エクセルでメールを送信する方法

今作成しているエクセルのファイルを
エクセルを閉じずに、
エクセルから操作して
メールに添付して送信する方法となります。

最新バージョンのエクセルは
操作が異なるため説明を追記しています。

通常エクセルのファイルを
メールで送信する場合は、
メールソフトを開いて
新規のメールに添付する方法が一般的ですが
エクセルの画面から直接開いているシートや、
範囲指定した一部分だけ送信することができます。

ただし、
エクセル2000以前は範囲指定で送信することができません。

★エクセル2016など最新バージョンで
利用する方法は下部に記載しておきます。

★まず旧バージョンのエクセルでの方法です。

エクセルでメールを送信する2007などの方法

1、送信するエクセルを開き、
 送信するシートを開きます。

2、メニューの
「ファイル」→
「送信」→
「メールのあて先」と進みます。

3、メールのあて先をクリックしたら、
 メールにファイルを添付で送信するか、
 シートをメール本文として送信するかの
 問い合わせが表示されます。

 どちらかにチェックを付けて
 「OK]ボタンをクリックします。

 この例では、
 シートを送信するを選択しました。

4、メールソフトと同じ、
 宛先を入力する画面が表示されますので、
 宛先と件名を入力します。

5、Office2000の方は、宛先の上に表示されている、

「このシートを送信する」
 をクリックしてください。

 OfficeXPの方は、
 送信したいシートの範囲をマウスでドラッグして
 指定するとその範囲のみ送信することもできます。

 この場合は
 「この選択範囲を送信する」をクリックします。

6、メールは、
 メール送信トレイに入りますので、
 送受信ボタンをクリックして送信を開始します。

 ※ この機能を使うには、
 通常使用するメールソフトを
 「OutlooK」か「Outlook Express」
 に設定しておく必要があります。

最新バージョン・2013
 エクセル2016
などは
「ファイル」メニューの
「共有」を」開き
「電子メール」から送信方法を選択します。

エクセルでメールを送信する

エクセルでは
Outlookメールを
基本設定に推奨しているようなので
Outlookが設定されてない場合は
設定を求められることがあります。
また
OneDriveへファイルを
アップロードするように求められる場合があります。

メールソフトOutlookを選択

送信方法は
・添付ファイルとして送信
・リンクとして送信
・PDFとして送信
・XPSとして送信
・インターネットFAX
として送信から選択できます。

注意として
相手が開ける環境で送信しないと
無駄な作業となりますので
メールを受け取るエクセルの
環境など知っておく必要があります。

相手が古いバージョンの
エクセルを使用している場合は
旧バージョンのファイル形式に変換して
保存したものを使うや
PDFもPDFを表示できるソフトがないと開けません。