エクセル2013/2016のグラフに要素の追加や削除をする方法

このページでは
グラフの編集方法の続きで
エクセルに
グラフの要素を
追加する方法を説明しています。

★動画説明を追加しました。

要素はグラフに
標準で表示されるものの他に
軸ラベルやデータラベル、
データテーブル、
誤差範囲、
近似曲線などが
追加可能となっています。

その中で軸ラベルの追加と
データラベルの追加、
データテーブルの追加について
エクセルの画面の画像付きで説明しています。

★グラフの要素

次の画面のように
エクセルのグラフ右横に表示される
「+」をクリックで
「グラフ要素」一覧が表示されます。

エクセルのグラフに要素を追加する方法

これにチェックを入れると追加され、
チェックを外すと消すことができます。

★「軸ラベル」の追加

次の画面は要素の
「軸ラベル」に
チェックを入れて追加したものです。

グラフに軸ラベルを追加する方法

縦方向と横方向のデータに
「軸ラベル」ができました。

これをクリックすると
ラベル名の編集(名前の変更)ができます。
上の画面は左の縦方向の
「軸ラベルをクリックしたところです。

このように編集状態になると
「軸ラベル」の文字を消して
「金額」とか「日付」
といった名前を入力できたりします。

★データラベルの追加

「データラベル」は
グラフのデータごとに数値を表示します。

次の画面は中央のオレンジのデータのみ選択して
「データラベル」にチェックを入れたものです。

グラフにデータラベルを追加する方法

データ全体が選択されていたら
全てのデータに数値が表示されるため
数値が重なって表示され
逆に確認しずらいグラフになるので
注意が必要です。

★データテーブルの追加

「データテーブル」に
チェックを入れると
次の画面のように
グラフの下に表を
そのままデータとして貼り付けできます。

★動画で確認する。

データテーブルを追加する方法

次はエクセルのスタイル(デザイン)の編集方法!です。

◆グラフの操作メニュー!一覧はこちら

◆グラフの裏技を使ってみる!