エクセルは表計算ソフトでありセルに入力した数値を計算して表示してくれる。
これを利用するのが主となりますので、
どのようにセルに入力したら目的の計算が実行できるのか?

このページでは上記の操作方法について主に足し算、引き算、掛け算、割り算といった
初めてエクセルを利用する人用に簡単な基礎入力方法について説明しています。

もう少し上級な内容については関数の使い方、
さらに裏技ページも用意していますのでそちらへ移動ください。

当サイトではマイクロソフトのエクセル2013の使い方を
初心者の目線に合わせて図解付きで説明をしています。

入門の基本操作から関数の使い方まで最初のページからステップアップできるようになっています。


エクセルのセルに式を入れて自動計算を実行させるための基本的な操作方法を説明します。

例として「A1」と「B1」のセルに数値を入力すると
「C1」のセルに答えを表示する方法です。

エクセルでは答えを表示するセルに式を入力します。

この例では「C1」のセルになります。

式を入力する時はセルに「=」を入力します。
エクセルの計算式で答えのセルを選択する

上の画面のようにセルに「=」を入力したら数値が入っているセルを選択(クリック)します。

エクセルの計算式で数値のセルを選択する

上の画面のようにA1のセルをクリックすると「C1」のセルと数式バーに「=A1」と表示されます。
これで「A1」のセルが選択されたことが確認できます。

次に足し算や掛け算などの記号を入力します。

足し算は「+」 引き算は「-」 掛け算は「*」割り算は「/」です。

この例では掛け算をしてみます。
「=A1」の後ろに「*」を入力します。
エクセルの計算式で記号を入力する

上の画面のように「C1」のセルは「=A1*」の表示になり数式バーも同じ表示になります。

次に「A1」の数値に掛ける数値のあるセル「B1」を選択(クリック)します。

エクセルの計算式に掛けるセルを選択する

上の画面のように「C1」のセルは「=A1*B1」と表示になり数式バーも同じ表示になります。

これで「=A1*B1」という式が完成したので「Enter」キーで確定するか他の空セルをクリックします。

エクセルの計算で自動的に答えを表示

上の画面のように「C1」セルには答えの1500が表示されました。

このようにセルに計算するセルの選択と式の記号を入力するだけで自動的に答えが出ますが直接数式バーに「=A1*B1」と式を入力しても同じ結果が得られます。

表全体に入力した行と列のエクセルで数値の合計を簡単に関数を使い一発で答えを出す方法はこちらへ

テンプレートご利用上の注意事項など

このサイトのエクセルテンプレートご利用についてダウンロード後のご利用条件とサポートについての説明です。

ご確認ください
  • 無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
  • 編集や改変は自由ですが配布は自由にできません。
  • このサイトでダウンロードされた方のみご利用いただけます。
  • ご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。
  • エクセルテンプレートの編集や改変・印刷した書類にミスがあった場合はご利用者自身で解決をお願い致します。
  • 当サイト管理者はご利用についてのトラブルに一切の責任を負わないものとします。
  • 全て自己責任にてダウンロードとご利用をお願い致します。

エクセルフリー サイト運営

サイト管理者

エクセルのテンプレート・裏技・エクセル入門・使い方(初心者用)の管理者です。

ジュノーインターリンク(Juno Inter Link)

エクセルの新規作成・更新ブログ

  • ブログでは作者別のエクセルテンプレートを紹介しています。
  • これらは個別の説明ページに作者名を明記しております。