エクセルの商品コードで取引管理のテンプレート

エクセルで作った商品取引管理

エクセルテンプレートの説明

商品コードを入力すると、登録されたデータから
商品名と取引先を自動で表示するデータベースのテンプレートです。

毎回取引のたびに品名や社名を入力する手間がはぶけて便利です。

登録は別シートの「DATAシート」を開いて入力します。

「取引入力」シートに取引がある都度品番を入力します。

その他項目には個数、単価、備考があり、合計金額を表示します。

取引管理(エクセル)無料ダウンロードはこちら

このテンプレートはオフィース2000(Windows)で作成されています。
office2000以上に対応!! エクセル2013/2016で動作確認できました。


★利用している関数の説明

このテンプレートにはVLOOKUP関数を使用して
DATAシートに登録してあるデータから入力した数値と一致する
データを表示するようにしています。

この関数は次の画面のようにC列の商品名の各セルに入力しています。
VLOOKUP関数の説明

ここに入力している式を左端から順に説明します。
「顧客名簿重複表示」のテンプレートダウンロードして
確認すると解り易いです。

◆式として次のように入力しています(C4セルの例)

=IF(B4=””,””,VLOOKUP(B4,DATA!$B$3:$D$52,2,FALSE))

◆最初にIF関数を入力しています。
もしも〇〇なら○○を表示するという意味と理解してください。

◆次の「B4=」ですが
C4セルに表示したい商品名はB4セルのデータ参照するため
「B4=」と入力しています。
なのでC5セルの式であれば「B5=」となります。

◆その次の「””,””,」はエラー対策です。
「=」の後に入力したものは数値と認識されることへの対策。
セルのデータが空白だった場合のエラー表示を消すなどです。
単純にこれを入力したらエラー表示を回避できると理解してください。

◆そしてメインの「VLOOKUP」関数ですが
データから検索して同一条件を表示するための関数です。
「VLOOKUP」関数の詳細な説明はこちら

★その後の()内は検索するデータの範囲を指定しています。

◆「(B4,」はB4のデータを参照する場合に入れてください。

◆「DATA!」データを入力しているセルの名前です。
「DATA」シートにデータを入力しているという意味です。

◆「$B$3:$D$52,」は「B3:D52」に置き換えると理解し易いです。
検索したいデータの範囲がB3~D52のセルの範囲にあるからです。
※ダウンロードしたテンプレートのDATAシートを開いて確認ください。

◆次の「2,」は列の指定で
表示したい商品名はデータの2列目にあるので、その指定です。

◆最後の「FALSE)」ですが、これは完全一致を意味しています。
検索と完全に一致するデータのみ表示するようにしています。

※式中の「,」は区切りです。
式がIF関数とVLOOKUP関数の2重になっているので
()も2重にするので最後に「)」を追加する必要があります。

まとめ
1. コード入力だけで品名が表示されます。
2. 取引の一覧を確認できます。
3. 簡単に表示範囲を変更できます(関数説明参照)
4. A4縦サイズで印刷できます。


予想と実績比較 テンプレート

休暇管理 テンプレート

個人別生産管理表 テンプレート

商品取引管理 テンプレート

営業管理 テンプレート

在庫管理 テンプレート

店別在庫管理 テンプレート

見込客管理 テンプレート

顧客管理 テンプレート

IDパスワード管理テンプレート

ファイル管理のテンプレート

中元歳暮管理表 テンプレート

会員有効期限表示 テンプレート

会議室管理のテンプレート

受取手形管理表のテンプレート

商品コードで取引管理のテンプレート

売上管理テンプレート

支払い管理書のテンプレート

支払口座管理のテンプレート

棚卸表テンプレート

その他のテンプレート