★相互リンクで★10万円キャンペーン!!

エクセルの主要関数 NETWORKDAYSの使い方 (日数計算)

このページでは
エクセル入力した
仕事の予定カレンダーから
土日と祝日を自動的に省いて
日数を計算する実例で
NETWORKDAYS関数の使い方を説明しています。

1ヶ月分のカレンダーから
営業日の実働日数だけを
自動的に表示してほしいという場合に役立ちます。


NETWORKDAYS関数の使い方

マイクロソフトのエクセルで
休日以外の日数を表示させる方法です。

エクセルの「NETWORKDAYS」関数は
指定した期間から
土曜・日曜と祝日の休日を除いた
日数の合計を計算して表示することができます。

「NETWORKDAYS」関数は
「=NETWORKDAYS(A1,A2,B1:B5)」というように
「( )」内に
開始日と最終日のあるセルを指定し
次に祝日を含む日があるセルの
範囲を指定します。

今回はエクセルでの利用例として
A1からA5の各セルに
休日と祝日を入力。

B1セルに
開始日(10月1日)を入力

C1セルに
終了日(10月31日)を入力

D1セルに関数
「=NETWORKDAYS(B1,C1,A1:A5)」と入力。

エクセルのNETWORKDAYSの利用例

10月1日から
10月31日の間にある
 日曜日と祝日を各セル
(A1~A5)に入力しています。

10月14日だけ祝日です。
答えは22と表示されています。

土曜と日曜と祝日を除いた日数が
この1ヵ月に
22日あるということを意味しています。

土曜と日曜は
自動的に除外されるので
A1~A5セル間の
日曜日を削除しても答えは変わりません。

10月14日の祝日は
削除すると答えは23に変わります。

エクセル2013では
この関数をそのまま利用できましたが
エクセルの古いバージョンでは
アドインの
「分析ツール」の追加が必要な場合もあります。

その際は次の手順で操作します。

メニューの
「ツール」→
「アドイン」→
「分析ツール」にチェック
「OK」ボタンクリック。

次は
現在の日時を表示するエクセルの「NOW」関数です。


データの数を表示するDCOUNT 関数の使い方

複数条件から検索するDCOUNTA 関数の使い方

複数条件の合計を表示するDSUM 関数の使い方

も○○ならの条件に対応IF 関数の使い方

指定値より上か下か表示するAND 関数の使い方

いずれかの条件に合った答えを表示OR 関数の使い方

合格・不合格・△の判断AND+OR 関数の使い方

割算の切上げ計算CEILING 関数の使い方

割算の切捨て計算FLOOR 関数の使い方

小数点以下を切捨てるINT 関数の使い方

切上げ/切捨てを自動計算MROUND 関数の使い方

指定桁数で四捨五入ROUND 関数の使い方

指定の桁で切捨てるROUNDDOWN 関数の使い方

指定の桁で切上げるROUNDUP 関数の使い方

合計から最大/最小 必要な値を表示SUBTOTAL 関数の使い方

簡単に指定範囲の合計を出すSUM 関数の使い方

条件に一致したデータのみ合計するSUMIF 関数の使い方

列と行の総合計を一発表示SUMPRODUCT 関数の使い方

小数点以下を強制切捨てTRUNC 関数の使い方

負のマイナスを整数で表示ABS 関数の使い方

その他の主要関数