エクセルの主要関数 SUMIFの使い方 (条件に一致したデータのみ合計する)

このページでは
エクセルの表に入力した
複数の数値の中から
指定した条件に
一致したデータのみ
合計する方法をお知らせしています。

このエクセルの実例では、
それぞれの名前の人のデータが
複数ある中で
検索する名前に
一致したデータのみ
合計する方法で説明しています。

このSUMIF関数を利用すると
日付別に入荷した商品の中で
同一商品が
合計で何個入荷したか?
など知ることもでき
活用範囲も広いと思います。

エクセルのSUMIF関数の使い方の実例


◆「SUMIF」関数の使い方

エクセルの
「SUMIF」関数は
複数のセルにある
数値のデータから
条件に合う
データの数値のみ合計することができます。

「SUMIF」関数は
「=SUMIF(A1:A8,A10,B1:B8)」のように
「 ( ) 」内に
条件の元となる名前のある
セルの範囲を
セル番号で指定します。

「 ,」で区切り
検索条件を入力する
セル番号を指定します。

「 ,」で区切り
数値がある範囲を
セル番号で指定します。

エクセルの
実例として次のように
「B10」セルに
「=SUMIF(A1:A8,A10,B1:B8)」と入力しました。

エクセルのSUMIF関数の使い方の実例

「A1」~
「A8」セルには
データの名前が入っています。

「B1」~
「B8」セルには
その名前の数値が入っています。

「A10」セルは
合計したいデータの検索条件
(キーワード)を入力するセルで、
この例では
「B」と入力しました。

「B10」セルに関数を入力してあります。

条件
「B」は範囲内に
3つあり、
その数値の合計は
「1000」で
「B10」セルに表示されています。

次は
エクセルの複数の列に対した総合計を求めるSUMPRODUCT関数です。


データの数を表示するDCOUNT 関数の使い方

複数条件から検索するDCOUNTA 関数の使い方

複数条件の合計を表示するDSUM 関数の使い方

も○○ならの条件に対応IF 関数の使い方

指定値より上か下か表示するAND 関数の使い方

いずれかの条件に合った答えを表示OR 関数の使い方

合格・不合格・△の判断AND+OR 関数の使い方

割算の切上げ計算CEILING 関数の使い方

割算の切捨て計算FLOOR 関数の使い方

小数点以下を切捨てるINT 関数の使い方

切上げ/切捨てを自動計算MROUND 関数の使い方

指定桁数で四捨五入ROUND 関数の使い方

指定の桁で切捨てるROUNDDOWN 関数の使い方

指定の桁で切上げるROUNDUP 関数の使い方

合計から最大/最小 必要な値を表示SUBTOTAL 関数の使い方

簡単に指定範囲の合計を出すSUM 関数の使い方

条件に一致したデータのみ合計するSUMIF 関数の使い方

列と行の総合計を一発表示SUMPRODUCT 関数の使い方

小数点以下を強制切捨てTRUNC 関数の使い方

負のマイナスを整数で表示ABS 関数の使い方

その他の主要関数