エクセルの主要関数 DCOUNTAの使い方 (複数条件から検索する)

このページでは
エクセルの表に入力した
データの中から
複数の検索条件に一致する
データの数を表示する
方法を説明しています。

先にお知らせの
DCOUNT
[A]がプラスされただけの
DCOUNTA関数です。

DCOUNT関数は
検索条件が複合に対して
DCOUNTAは
複数キーワード検索です。

実例ではDCOUNTは
〇〇点数以上
(点数条件+以上の条件)の
人数を表示する。

に対して

DCOUNTAは
性別と住所
(キーワード2つ)が
一致する人数を
表示する方法となっています。

エクセルのDCOUNTA関数の使い方の実例


◆「DCOUNTA」関数の使い方

エクセルの
「DCOUNTA」関数は
複数の条件に一致した
空白でないセルの
数を表示することができる関数です。

先に説明した
「DCOUNT」関数は
数値を数えます。

「DCOUNTA」関数は
「=DCOUNTA(A1:B6,,C2:D3)」のように
「( )」に項目名を含めた
データのある範囲を
セル番号で指定し
「 ,, 」で区切り
条件を入れた範囲を
セル番号で指定します。

次のエクセルの表は
性別と住所を
「A2」から
「B6」セルに入力してあり
検索する条件の性別を
「C3」セルに入力。

検索する条件の住所を
「D3」セルに入力したものです。

エクセルのDCOUNTA関数の使い方の実例

答えは
「C5」セルに表示し、
ここに関数の式
「=DCOUNTA(A1:B6,,C2:D3)」を
入れてあります。

条件の
「男」と
「東京」に一致するのは
「A5」と
「B5」セルの
1つなので
答えは
「1」と表示されました。

検索条件を
縦に並べると
次のように結果が違います。

DCOUNTA関数のデータを縦にした例

「B12」セルの式は
「=DCOUNTA(A1:B6,,B8:B10) 」です。

※範囲の指定は
必ず項目名のセルも含めてください。

項目名は
データ側と
検索側が
一致している必要があります。

次は
エクセルの条件を満たす
レコードの指定フィールドの
合計を出すDSUM関数
です。