★相互リンクで★10万円キャンペーン!!

エクセルの主要関数 LOOKUPの使い方 (あいまい検索)

このページでは
エクセルで表の
データの中から
キーワードとなる
一番近い値を表示する方法をお知らせします。

このページ以前の関数では
Yes / NO
〇 / ×
かの
ピッタリの値がヒットした場合に
表示する方法を紹介してきましたが

ここでは一番近い値という
あいまいな検索で
ヒットする値を表示してくれる方法になります。


◆「LOOKUP」関数の使い方

エクセルの「LOOKUP」関数は
指定したデータの範囲の中から
キーワードとなる値
に近い値(あいまいな値)を見つけ出し
指定した範囲から
関連する値を表示することができる関数です。

「LOOKUP」関数は
「=HLOOKUP(C2,D2:D6,E2:E6)」のように
「( )」内に
検索するキーワードを
入力するセル番号を入力。

その後に
「 ,」で区切り
検索する範囲をセル番号で入力。

その後に
「 ,」で区切り
表示したい検索値に関連する
値の(答えがある)範囲を指定します。

エクセルで利用する
実例として次のように
「D2」セルから
「D6」のセルの間に
検索する値を入力しました。

LOOKUP関数の使い方の実例

「E2」から
「E6」のセルの間に
検索に関連する答えとなる
値を入力しました。

「C2」から
「C6」のセルの間に
検索するキーワードを入力します。

「B2」から
「B6」の各セルに
それぞれ関数を入力します。

実例の表は
「B2」セルに
「=LOOKUP(C2,D2:D6,E2:E6)」と入力しました。

※従ってこの
B2セルに検索による答えを
表示することになります。
その他のセルは後ほど説明。

LOOKUP関数の使い方の実例

「C2」セルに
「30」と入力すると
「D2」から
「D6」セルの間にある
値から検索しますが、
 同一値がないため
「30」に近くて小さい値の
「25」をピックアップ!

答えは
「E2」から
「E6」のセル間から
 表示するように指定しているので
「25」に関連する値の
「C」を
「B2」に表示しました。

「C5」セルの
「40」は同一値が
「D6」セルにあるため
 関連値の
「E」を
「B5」セルに表示しました。

B2セル以降に入力する関数は
Cのセル番号だけを変更して
指定する範囲は変えずに
以下のように入力すればOKです。

「B3」セルは
「=LOOKUP(C3,D2:D6,E2:E6)」

「B4」セルは
「=LOOKUP(C4,D2:D6,E2:E6)」

「B5」セルは
「=LOOKUP(C5,D2:D6,E2:E6)」

「B6」セルは
「=LOOKUP(C6,D2:D6,E2:E6)」

次は
エクセルで指定したデータの位置を表示するMATCH関数です。


データの数を表示するDCOUNT 関数の使い方

複数条件から検索するDCOUNTA 関数の使い方

複数条件の合計を表示するDSUM 関数の使い方

も○○ならの条件に対応IF 関数の使い方

指定値より上か下か表示するAND 関数の使い方

いずれかの条件に合った答えを表示OR 関数の使い方

合格・不合格・△の判断AND+OR 関数の使い方

割算の切上げ計算CEILING 関数の使い方

割算の切捨て計算FLOOR 関数の使い方

小数点以下を切捨てるINT 関数の使い方

切上げ/切捨てを自動計算MROUND 関数の使い方

指定桁数で四捨五入ROUND 関数の使い方

指定の桁で切捨てるROUNDDOWN 関数の使い方

指定の桁で切上げるROUNDUP 関数の使い方

合計から最大/最小 必要な値を表示SUBTOTAL 関数の使い方

簡単に指定範囲の合計を出すSUM 関数の使い方

条件に一致したデータのみ合計するSUMIF 関数の使い方

列と行の総合計を一発表示SUMPRODUCT 関数の使い方

小数点以下を強制切捨てTRUNC 関数の使い方

負のマイナスを整数で表示ABS 関数の使い方

その他の主要関数