エクセルの表からアプリケーションソフトを起動する方法

例えば
パソコンにインストールされている
ソフトの一覧表を作ったとして
そのソフトの名前をクリックするだけで
ソフトが起動するとう使い方ができる方法です。

または、
エクセルのデータの追記説明で
このデータを開くには
このソフトでといった記載をして、
エクセルから
直接起動するなどの使い方もできます。

最新版のエクセルでも、
ほぼ操作方法は同じですが
リボン表示のメニュー画面では
デザインやアイコンの位置等違いがありますので
エクセル2016の操作画面を追加しました。

◆使い方

まずは旧バージョンのエクセルの操作画面での説明です。

エクセルの表から
いろいろなアプリケーションソフトを
起動する方法です。

例えば「メモ帳」や「電卓」や「ペイント」など!

エクセルからアプリを起動する方法

1、起動するアプリの
 名前をセルに入力します。

2、そのセルを選択して、
 エクセルのハイパーリンクアイコン
 (地球の絵)をクリック。
 または、
 メニューの「挿入」→
「ハイパーリンク」と進みます。

3、「ファイル」ボタンをクリックして、
 アプリのある場所を指定します。

※アプリの場所は
そのアプリのアイコンを右クリックして
表示されるメニューの
「プロバティ」で確認できす。

4、ハイパーリンクの画面の
 「OK」ボタンを押して完了です。

最新版エクセルでは!

メニューがリボン表示に変わった
最新版のエクセルでは
ハイパーリンクは次のような位置にあります。

エクセルのハイパーリンク

「挿入」タブから開くのも
旧バージョンのエクセルと同じです。

ハイパーリンクの設定方法は
次のようなデザインになっていますが、
操作方法は同じです。

エクセルでアプリのリンクの設定方法