エクセルのベストなウィンドウをそのまま保存する方法

最初に注意としまして、
この機能は
エクセル2013以降で廃止されました。

エクセル2010までのバージョンで
利用できます。

ただし、
この機能で保存されたファイルは
エクセル2013以降でも開くことができます。

この機能は
複数のウィンドウを開いて
作業した状態そのままを
一つのファイルを開くだけで
同じ状態の複数ウィンドウを
一括で開くことができて便利な機能です。

◆使い方

※この機能は
エクセル2013以降のバージョンでは
保存できない機能です。

旧作成ファイルを開くことはできます。

★エクセル2010以前での使い方です。

複数の表やデータを開いて
作業することが毎回ある場合
その都度ファイルを
1つづつ開くのは大変ですね!

一度開いて作業したウィンドウの
ベストの状態
(ウィンドウを並べたり、
重ねたりの作業しやすい状態)
をそのまま保存することができます。

次回より、
一つのファイルを開くだけで
前回と同じ複数のファイルが
同じ位置で表示されます。

エクセルの作業状態をそのまま保存

1、もっとも
 作業しやすい状態にファイルを並べます。

2、その状態で、
 メニューの「ファイル」→
 「作業状態の保存」と進み
 ファイル名を付けて保存します。

 保存したファイルの拡張子は通常の
「.xls 」でなく
「.xlw 」となります。

 このファイルを開くだけで効率よく
複数のファイルを開くことができます。


メニューバーを表示/非表示にする方法

強制的にスクロールバーのサイズを変更する方法

異なるデータを表示参して作業する方法

1つのウィンドウに2つのシートを並べて作業

ウィンドウを変更できないように保護する方法

セルの範囲をセル番号を入力して指定する方法

ベストなウィンドウをそのまま保存する方法

一つのセルを2分割にする方法

画面外の広範囲も一発選択する方法

表からアプリケーションソフトを起動する方法

集計結果だけ別ウィンドウに表示する方法

関数なしで合計や平均値を一時的に確認する方法

1つのシートを分割する方法