エクセルの主要関数ISERRORの使い方 (空白セル #DIV/0!を消す)

このページでは
エクセルで
複数セルの指定範囲に
空白があった場合に
エラーとなる表示を
消す方法を説明しています。

☆サンプルの
 テンプレートをダウンロードできます。

このエラー表示は
エクセルの関数を使った表では
よく発生するので
覚えておくと必ず役立つと思います。

他の関数と組み合わせた
実例の画像付きで説明しています。

エクセルのISERROR関数の使い方の実例


エクセルの「ISERROR」関数は
関数で計算する指定した
セルの範囲が空白で、
データがない場合に
エラー値を表示する場合がありますが、
このエラーを
非表示にすることができる関数です。

「ISERROR」関数は
「=IF(ISERROR(AVERAGE(A1:E1)),””,AVERAGE(A1:E1))」
のように
「( )」内に
2つの関数を入力するため
「( )」が
2重となる入れ子の状態で入力します。

ISBLANK」と違い
複数セルの範囲を指定するので
「)」が一つ多くなるので、
利用方法にご注意ください。

利用する目的の関数を入力して、
それを
「ISERROR」関数で
エラー表示を消します。

エクセルでの実例として
次のように
「A1」セルから
「E1」セルの間の
データから平均値を出す
「AVERAGE」関数を
「E3」セルに入力しました。

この式は
「=AVERAGE(A1:E1)」となります。

指定した範囲内に
データが未入力でセルが空白のため
「#DIV/0!」とエラー表示されました。

エクセルのISERROR関数の使い方の実例

「E4」セルには
このエラーを非表示にするために
「ISERROR」関数を追加したので
エラーが消えています。

この式は次のようになります。
=IF(ISERROR(AVERAGE(A1:E1)),””,AVERAGE(A1:E1))

式の中央の
「),””,」を挟み
両側に同じ式を入れます。

この例では
「AVERAGE(A1:E1)」を両端に入れています。

「IF」は
もしも範囲が未入力で
空白だった場合にという条件で
空白でない場合は
答えを正常に表示するために入れています。

「IF+ISERROR」関数のサンプルをダウンロードする。
※ダウンロード用のテンプレートは
 古いエクセル97-2000でも開ける.xlsファイルです。
(エクセル365で作成)

次は
エクセルの数値を切り上げるCEILING関数です。


データの数を表示するDCOUNT 関数の使い方

複数条件から検索するDCOUNTA 関数の使い方

複数条件の合計を表示するDSUM 関数の使い方

も○○ならの条件に対応IF 関数の使い方

指定値より上か下か表示するAND 関数の使い方

いずれかの条件に合った答えを表示OR 関数の使い方

合格・不合格・△の判断AND+OR 関数の使い方

割算の切上げ計算CEILING 関数の使い方

割算の切捨て計算FLOOR 関数の使い方

小数点以下を切捨てるINT 関数の使い方

切上げ/切捨てを自動計算MROUND 関数の使い方

指定桁数で四捨五入ROUND 関数の使い方

指定の桁で切捨てるROUNDDOWN 関数の使い方

指定の桁で切上げるROUNDUP 関数の使い方

合計から最大/最小 必要な値を表示SUBTOTAL 関数の使い方

簡単に指定範囲の合計を出すSUM 関数の使い方

条件に一致したデータのみ合計するSUMIF 関数の使い方

列と行の総合計を一発表示SUMPRODUCT 関数の使い方

小数点以下を強制切捨てTRUNC 関数の使い方

負のマイナスを整数で表示ABS 関数の使い方

その他の主要関数