エクセルの文字に一括で余白(スペース)を作る方法

このページでは
エクセルのセルに入力した文字の
先頭に余白を入れて
表示する方法を説明しています。

1セルまたは
1文書ごとに
キーボードから余白を入力せずに
設定で一括で操作できるので
素早く簡単にでき時短になります。

文字入力後であっても
処理できますので便利です。

この操作は
エクセルのセルの右クリックから
実行できる処理のため、
どのバージョンの
エクセルでも同じ操作で可能です。

セルの書式設定でインデントを選択する

◆説明

エクセルのセルに
スペース(余白)を入れて
文字を入力する場合にスペースを
入力するよりも、
インデントで一括処理するほうが早い。

しかも、
文字を取り出すような
関数を使っている場合
スペースを入れた場合は
スペースも文字数として計算されてしまうが
インデントであれば、
左端から問題なくデータを取り出しできる。

1、インデントを使うエクセルの
 セルの範囲をマウスでドラッグして指定します。

2、右クリックでメニューを表示します。

3、メニューから
 「セルの書式設定」をクリックします。

4、「配置」タブを開いて
 「横位置」は「左詰(インデント)」を選択します。

5、「インデント」は
 スペースを空ける数値を選択します。

6、「OK」ボタンを押して完了です。

文字の先頭の前に
自動的に
余白が挿入されていることが確認できると思います。


確定された文字を部分的に変換する裏技

名前の隣りのセルにフリガナを表示する方法

平方/立法などの特殊装飾文字を表示する裏技

指定した位置から後を一発削除する裏技

文字と数字をつなげて表示する裏技

日付データを元に曜日を表示させる方法

設定した書式を一発で元に戻す裏技

数値を入力するだけで文字を追加表示する技

ひらがなの文字を簡単にカタカナに変える裏技

カレンダーの日付に自動で色付表示する方法

コメントの書式設定を変える方法

セルクリックでメッセージを表示する技

セル中の文字を改行しベストな表示にする方法

セル幅に文字サイズを自動的に変更する裏技

フォントを一瞬で即変する裏技

数値が0のセルを空白で表示させる方法

数値の書式をキーボードだけで即!変換する技

文字に一括で余白(スペース)を作る方法

スペースを半角/全角に統一する技

条件に合わせ色付表示させる裏技

その他の裏技