エクセルのカレンダーの日付に自動で色付表示する方法

エクセルで予定表や
カレンダーを作る場合に便利な技です。

予定が入っている日付を入力すると、
カレンダーの
その日付に自動で色が付きます。

色は自由に選択できますし
背景色を変える設定も可能です。

予定日と予定事項も表示できて、
1ヶ月全体の予定イメージも
直観的に分かる
便利なカレンダーが作れます。

メニューがリボン表示の
最新版のエクセルは
動画で説明を追加しました。
動画はエクセル2016で作りました。

例えば
エクセルの日程表で
特別に重要な予定がある場合に
その日付を入力すると
カレンダーの日付に色を付けて表示します。

休日や祭日を指定した使いかたもできます。

MATCH関数のお勉強にもなります。

★最初に旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

エクセルのMATCH関数を使い色付け

1、エクセルのカレンダーの
 日付が入力してあるセル全てを
 マウスでドラッグして選択します。

 ※必ず日付が入力されている
 最初のセルから指定してください。

 空白セルから指定しまうと
 色が付く日付がずれてしまいます。

2、メニューの「書式」→
 「条件付き書式の設定」をクリックします。

3「条件」は「数式が」を選択します。

4、その右のフォームに
 「=MATCH(A3,$B$3:$B$7,0)」と入力します。

 「=MATCH」は同じ値を見つけるための関数です。

 「A3」はA3から始まるデータを参照しています。

 「$3」はセルB3を指定しています。

 「$7」はセルB7を指定しています。

 「$B$3:$B$7」は
 セルB3からセルB7の範囲を指定しています。

 ようするに、
 セルA3から始まるデータの中から
 B3からB7にある範囲の数値を比べて
 同じ数値を探しだすということです。

5「書式」ボタンを押して
 「セルの書式設定」画面の
 「フォント」タブの「色」で好みの色を選択します。

6「OK」ボタンを押して完了です。

最新バージョンのエクセルは操作が異なりますので
 別途動画説明をします。

※セルの範囲指定は
旧バージョンのエクセルと同じ注意が必要です。