エクセルで名前の隣りのセルにフリガナを表示する方法

このページでは
エクセルに入力した名前の隣のセル
(ふりがな項目/列)に
フリガナを
自動で表示する方法を説明しています。

名簿表などで
フリガナ項目を作りたい場合に
とても便利な方法です。

設定方法も簡単なのでぜひご活用ください。

説明は画像説明の他に
動画説明も付加えていますので
理解し易いと思います。

エクセルのバージョンに関係なく
同じ方法で設定可能です。

◆使い方(関数を使います)

エクセルで名前を入力すると、
そのセルの隣りのセルに
自動的にフリガナを表示するようにする方法です。

1、名前の項目の列の
 隣りに
 フリガナの項目列を作ります。

2、フリガナを表示する
 セルをクリックします。

3、ツールアイコンの
「fx 」(関数の挿入)をクリックします。

エクセルの関数の分類から貼り付け

4、表示された画面の
「関数の分類」のリストから
「情報」をクリックします。

5「関数名」のリストから
 「PHONETIC」をクリックします。

6、「OK」ボタンをクリックします。

7、表示された画面の
 「範囲」に名前が入力されている
 セルの番号を入力します。

 A列の2行に名前を入力する場合は
 「A2」と入力します。

8「OK」ボタンをクリックします。

9、上記の操作でフリガナを表示する
 セルの一つが完成したので、
 このセルをフリガナ項目の列全てに
 マウスでドラッグして
 コピー&貼り付け作業をします。

この方法はこちらのページの
式を他のセルに貼り付ける」で説明しています。

この方法を動画で説明します。
動画はエクセル2016で作成しています。