エクセルで文字と数字をつなげて表示する方法

エクセルでは
文字と数字(数値)の扱いは別々の扱いになり
同時に一つのセルに入力する全て文字と判断されます。

このページではその異なって認識される
2つのものを一つに繋げて表示する方法を
実例で説明しています。

この実例は日付関数の前後に
文字を追加して繋げて1つのセルに表示する方法です。

具体的には
「今年は2018年です」と表示させるのに
「今年」と
「年です」は文字の追加ですが
「2018」の年数は関数を入力して
自動表示させたものです。

これを元に他にも応用ができますので、
まずはお試しください。
※簡単な関数を使って実行します。

◆使い方

エクセルのYEAR TODAY関数を使った設定

◆例1「今年は2018年です

上記のように表示したい場合は
次のように入力します。

=”今年は”&YEAR(TODAY())&”年です”

文字を
「” ”」の間に入れ
「&」で日付表示用の関数とつなぐと
文字と日付を自動でつないで表示できます。

★入力した関数の説明です。

YEAR(TODAY())」の
YEAR」は年(今年の年数)
TODAY()」は今日の日付を表示する関数です。

※先頭に
=」の入れ忘れないようにしてください。

手入力が面倒くさい場合は
上記をコピペで簡単に貼り付け実行でもOKです。

◆例2「今日は2018年8月14日です

関数を使った日付と数字の組み合わせ表示例

上のように表示したい場合は
次のように入力します。

=”今日は”&YEAR(TODAY())&”年”&MONTH(TODAY())&”月”&DAY(TODAY())&”日です”

上記の関数が折り返して
2行に表示されている場合がありますが
一列に繋げて入力します。

上記をコピーして一つのセルに貼り付けてみてください。

一見複雑に見えますが例1に
MONTH」の月と
DAY」の日を表示する日付関数を
付け加えただけです。