エクセルのセル中の文字を改行しベストな表示にする方法

エクセルのセルに入力した文字は
どうしたら改行できるのだろう?

また、
改行はできたけど
表示がベストじゃないのだけど、
どうしたら良いのかな?

そんな疑問があれば見てください。

このページでは
エクセルのセルの中で文字を改行する方法と
改行した文字をベストな表示に変える方法を説明しています。

この方法は
どのバージョンのエクセルでも同じ操作で可能です。

◆使い方

通常、エクセルのセルに文字を入力すると、
下の図の上の文字のように
ヨコに文字がならぶだけで、
改行することができません。
同一セル内で、改行する方法は簡単です。

キーボードの
「Alt」キーを押しながら、
「Enter」キーを押します。

セルの中の文字を改行する方法

改行により文字の上に空白ができ、
文字が下詰めになってしまった場合は、
そのセルを右クリックし、
表示されたツリー から、
下の図のように
セルの書式設定」をクリックします。

セルの書式設定の文字の配置

エクセルのセルの書式設定画面が開くと、
下の図のように配置タブをクリックして開き、
「文字の配置」の「縦位置」が「下詰め」になっています。

エクセルの書式設定で縦位置の選択

その右横にある
「▼」をクリックして、
表示された設定のなかから、
上詰めを選択して{OK]ボタンを押すと、
文字の上の空白はなくなります。

セルの行幅を広げて
センターに表示する場合は、
「中央揃え」を選択します。

「横位置」も同じような方法で変更が可能です。