★相互リンクで★10万円キャンペーン!!

エクセルの主要関数 TODAY(日付)の使い方

このページでは
エクセルで普段よく利用する
日付を自動で入力できる
関数の使い方について説明します。

TODAY関数を使うと
日付を手入力することなく、
ファイルを開いた日の
日付がエクセルのシートに
自動表示されるので便利です。

しかし、
デメリットもあり、
そのまま保存したファイルも
次に開いた時には、
その日の日付に変わるため
作成日や契約日などの
日付を保存したい場合には不向きです。

対策としてコピーしたものを
違うセルに値として貼り付け、
書式設定で
その値を日付表示に変える方法などあります。

TODAY関数は基本的に
今日が何日か知りたい時の
表示が有効的な活用方法です。

例えば
今日からの予定をたてる
予定表の
今日の日付という項目に使うとかです。

今日の日付を表示したいセルに
「=TODAY()」と入力するだけです。

TODAY関数の入力方法

この状態で
「Enter」キーで確定すると
今日に日付が表示されます。

エクセルで今日の日付が表示された例

このエクセルの
日付の表示方法を変えるには
例えば2013年9月14日と表示したい場合は
「入力した数値の表示方法を変更する方法」の
数値を日付・時刻・%に変更」を参照してください。

次は
エクセルの日付を数値に変えるDATEVALUE関数です。


データの数を表示するDCOUNT 関数の使い方

複数条件から検索するDCOUNTA 関数の使い方

複数条件の合計を表示するDSUM 関数の使い方

も○○ならの条件に対応IF 関数の使い方

指定値より上か下か表示するAND 関数の使い方

いずれかの条件に合った答えを表示OR 関数の使い方

合格・不合格・△の判断AND+OR 関数の使い方

割算の切上げ計算CEILING 関数の使い方

割算の切捨て計算FLOOR 関数の使い方

小数点以下を切捨てるINT 関数の使い方

切上げ/切捨てを自動計算MROUND 関数の使い方

指定桁数で四捨五入ROUND 関数の使い方

指定の桁で切捨てるROUNDDOWN 関数の使い方

指定の桁で切上げるROUNDUP 関数の使い方

合計から最大/最小 必要な値を表示SUBTOTAL 関数の使い方

簡単に指定範囲の合計を出すSUM 関数の使い方

条件に一致したデータのみ合計するSUMIF 関数の使い方

列と行の総合計を一発表示SUMPRODUCT 関数の使い方

小数点以下を強制切捨てTRUNC 関数の使い方

負のマイナスを整数で表示ABS 関数の使い方

その他の主要関数