エクセルで指定曜日の集計をする(WEEKDAY+SUMIF関数)使い方

エクセルで
日曜日や土曜日など
気になる曜日の売上だけ知りたい。

それを可能にする方法として
「WEEKDAY」関数
「SUMIF」関数
組み合わせた使い方のお知らせです。

他の目的でも
曜日別集計に使えると思います。

このエクセルの表をテンプレートとして
ダウンロードできるようにしています。


◆この関数の使い方

次の表は
営業日と
販売数のデータを登録したものです。

エクセルで曜日を数値にWEEKDAY関数

日曜日だけの数を集計する目的で
まず
「WEEKDAY」関数を
「C2」のセルに
「=WEEKDAY(A2,2)」
と入力しています。

「WEEKDAY」は
曜日を数値化するために利用しています。

「(A2」は
日付が入力してあるセルが
「A2」のセルであることを
指定しています。

「,2」は種類の指定です。
「,1」なら
 日曜~土曜
「,2」は
 月曜~日曜となります。


次の表は
「WEEKDAY」から得た
数値から
日曜日だけの数値を
合計しています。

指定の曜日だけを合計するSUMIF関数

「E2」のセルには
「=SUMIF(C2:C16,”=7″,B2:B16)」
と入力してあります。

「SUMIF」関数は
条件に一致する
合計を計算させるために使っています。

「(C2:C16」は
「C2」セルから
「C16」セルの間に
求める曜日の
数値があるセルを
指定しています。

※サンプルなので
1日~15日の間のデータです。

「”=7″」
日曜日の数値が
「7」なので
検索条件が
「7」であることを指定しています。

※土曜日の集計をしたい場合は
「6」にすれば良いです。

「B2:B16」は
集計したい
データの数値(販売数)
のあるセルが
「B2」のセルから
「B16」のセルの間にあることを
指定しています。


この表は販売個数ですが
金額にしてもよいし。
会員登録数だったり
いろいろな目的に変えて利用できます。

この実例
関数を利用したエクセルテンプレートのダウロードはこちら
サンプルのため15日のデータですが
式をドラッグでコピーして1ヶ月分の表にできます。


土日と平日別に集計する方法

指定月や年の集計をする使い方

年代別の人数を計算する関数の使い方

指定期間の合計を表示する使い方

指定曜日の集計をする関数の使い方

生年月日から年齢を表示する方法

曜日別に合計を表示させる方法

年と月でデータを検索!件数を表示する技

ファイルを読み取り専用で開く裏技

一度に複数のファイルを開く裏技

売上など成績に順位をつける方法

必要なデータの値のみコピペする方法

1つのシートを別のブックにコピーする方法