エクセルで土日と平日別に集計(WEEKDAY+SUMIF関数)する方法

平日と
土日では
売上はどのように違うのか?
知りたい場合に便利な
エクセルのデータ活用方法です。

利用するのは
「WEEKDAY」関数
「SUMIF関数」です。

使い方も簡単ですし
金額以外のデータにも活用できます。

この実例テンプレートをダウンロードできます。


◆説明
次のように日付別の売上表を作りました。

エクセルの日付を曜日番号に変換する

「A2」セルから
「A16」セルに日付。

「B2」セルから
「B16」セルに金額。

「C3」セルから
「C16」セルは
日付を曜日を数値に変換したもの。

「F1」セルが平日の集計。
「F2」セルが土日の集計。

以上のような15日間の集計表です。


◆使い方

★日付を曜日番号に変換

入力した日付が何曜日か知るために
曜日を数値にして表示します。
「C」列に注目!

エクセルの日付を曜日番号に変換する

「C2」セルに次の関数の式を入力します。
「=WEEKDAY(A2,2)」

「=WEEKDAY」は
曜日を数値にするための関数です。

「(A2 」は
「A2」セルを
変換するための指定です。

「,2)」は
変換する方法の種類で
「2」は
1の(月)~
7 の(日)で表示します。

後は
「C2」セルの式を
ドラッグでコピーして
「C16」セルまで貼り付けます。

※行ごとの違いはセルの番号だけです。

「C3」セルは
「=WEEKDAY(A3,2)」となる。


★平日の集計をする

SUMIF関数で平日の集計をする

「F1」セルに次の式を入力します。
「=SUMIF(C2:C16,”<=5″,B2:B16)」

「=SUMIF」は
条件に一致するデータを
合計するための関数です。

「(C2:C16」は
曜日番号があるセルが
「C2」セルから
「C16」セルの間にあるという
範囲の指定です。

「,”<=5″,」は
平日の金曜日の数値が
「5」なので
「5」より小さい数値を集計させるための
条件です。

「B2:B16)」は
集計させる金額があるセルが
「B2」セルから
「B16」セルの間にあるという
範囲の指定です。

日本語で表現すると
=集計条件
(曜日番号の範囲,5より小さい曜日番号,集計金額の範囲)


★土日の集計をする

エクセルの関数で土日のみ集計する方法

「F2」セルの式は
「=SUMIF(C2:C16,”>=5″,B2:B16)」

平日との違いは
「<=5」が 「>=5」になっただけ。

ようするに
「<」の向きが逆。

「6」が土曜日
「7」が日曜日なので
「5」より大きい数値という
条件を変えただけになります。


この表は15日間ですが
式のコピーで貼り付け範囲を広げれば
1ヶ月分を簡単に作成できます。

この土日/平日集計 エクセルテンプレートのダウンロード

この実例表をダウンロードして開けば
理解し易いと思います。
改変して目的に合わせた表を簡単に作ることもできます。


土日と平日別に集計する方法

指定月や年の集計をする使い方

年代別の人数を計算する関数の使い方

指定期間の合計を表示する使い方

指定曜日の集計をする関数の使い方

生年月日から年齢を表示する方法

曜日別に合計を表示させる方法

年と月でデータを検索!件数を表示する技

ファイルを読み取り専用で開く裏技

一度に複数のファイルを開く裏技

売上など成績に順位をつける方法

必要なデータの値のみコピペする方法

1つのシートを別のブックにコピーする方法