エクセルで指定月や年の集計をする(SUMPRODUCT+MONTH関数)使い方

エクセルで作った
表のデータの中から
指定した月や
指定した年の
合計数を表示させる方法です。

これには
「SUMPRODUCT」関数
「MONTH」関数
「YEAR」関数
を使います。

エクセルの実例で説明しますが
サンプルのダウンロードもできます。


◆表の説明

実例として
次のような年月の入った
エクセルの表を作ってみました。

エクセルで指定月の集計をする

日付が
「A3」から
「A15」のセルにあります。

「E3」のセルに
指定すつ月を入力します。

「F3」にその答え
データの数が表示されます。

答えは
3月には
3つのデータありと表示されました。

※この方法は金額を集計するものではなく
 データ数を合計する方法です。


◆使い方

「F3」セルに
「=SUMPRODUCT((MONTH(A3:A15)=E3)*1)」
 という式が入力されています。

「=SUMPRODUCT」は
 指定した条件の合計を表示させる関数です。

「(MONTH」は
月のデータを取り出す関数です。

「(A3:A15)」は
日付のデータが
「A3」セルから
「A15」セルにあることを指定しています。

「=E3」は
「E3」セルにある
 指定月を集計するために
 そのセル番号で指定しています。

「*1)」は
データを数値化するために
データに1を掛けています。


◆年別のデータ数は?

次は指定した
年度のデータ数を集計したものです。

エクセルで年度別の集計をする方法

「F6」のセルには
「=SUMPRODUCT((YEAR(A3:A15)=E6)*1)」
 という式が入力されています。

式は
「MONTH」が
 年を指定するための
「YEAR」に変わっただけで
 同じです。

他には年を指定するセルが
「E6」セルになっているので
 そのセル番号の
 指定だけが変わっています。


この実例
エクセルで年月の指定の集計をダウンロード

ダウンロードしたテンプレートを元に
範囲の追加やデータを入力してご活用ください。

この関数の使い方を理解するのにも役立ちます。