VBA使用や設定変更によるエラー 修正方法

エクセルにVBAプログラムを使ったツールなどを利用した場合に
設定が変更されて元の表示に戻せないエラーが発生する場合があります。
これを修復する方法です。(XP/2003で説明)
※最新バージョンのエクセルはその下に記載しています。

1、コントロールパネルを開きます。
2、「プログラムの追加と削除」アイコンをダブルクリックします。
3、「Microsoft Office ○○○」を選択して 「変更」ボタンをクリックします。
4、開いた画面の「再インストール/修復」に チェックを入れて「次へ」をクリックします。
5、「修復」または「再インストール」を選択して
「完了」ボタンをクリックすると、作業が実行されます。
「再インストール」が確実と思います。

★Windows10とエクセル2016(Office)で行う場合の方法です。

PC画面の右端から左にスワイプしてチャームのメニューを開きます。

エクセルのチャームメニューを開く

「全ての設定」から開くメニューの「アプリ」をクリック。

アプリの設定を開く

開いたメニューの右端に「プログラムと機能」があるのでクリック。

プログラムと機能を開く

プログラムのアンインストールまたは変更の画面になる。
プログラムの中の「MicosoftOffice・・・」を選択して「変更」をクリックする。

プログラムの変更を実行

修復方法で「クイック修復」を選択して「修復」ボタンをクリック。

エクセルのクイック修復を実行する

これでも修復が不完全な場合は「オンライン修復」を選択して実行します。
※Wi-Fiでネット接続されていることが好ましいです。