合計値が24時間以上で発生するエラー修正

エクセルを使い時間をSUM関数で合計すると
合計値が24時間以上になった時にエラー表示となる。

これは時間の書式設定が24時間表示となっているからです。

※最初に旧バージョンのエクセルでの方法の説明です。

24時間以上を表示する場合は次のように書式設定してください。

1、書式を変更するセルを右クリックします。
2、表示されたメニューの「セルの書式設定」をクリックします。
3、「表示形式」タブの「ユーザー定義」をクリックします。
4、「種類」の「G/標準」を次のように書き換えます。
 「 [h]:mm 」
5、「OK」ボタンを押して完了です。

セルの書式設定のユーザー定義

★エクセル2013/2016での操作方法は最下部の動画参照!

動画でエクセル2013(Windows8)の操作方法をアップしました。
エクセル2016も基本的に操作画面が同じですので2013の次の方法で実行してください。

動画は最初にオートSUM関数を指定して時間の合計を2列分を表示させ
片方の間違った合計表示のセルを選択して
セルの書式設定でユーザー定義の設定を行う手順となっています。
修正されていない側のセルの表示と見比べてください。

※エクセル2013からはメニューの表示画面に違いがありますが、
セル内で実行する方法については同じなので
セルを右クリックから選択して開始するセルの書式設定の方法も
旧バージョンのエクセルと操作方法は同じです。

違っているのは設定画面のデザインぐらいしかありません。