エクセルのファイル破損で動作不安定の対処方法

最初に旧バージョンのエクセルから説明します。

アプリケーションの自動修復

エクセルファイルの一部が破損してしまうと、
動作が不安定になり不正終了、
エラーメッセージの表示、
一部の機能が使えないなどの症状がでます。

これを解決する方法です。
※エクセル2013/2016での方法は
下部の動画と最下部の補足説明を見てください。

説明
エクセルには自動修復機能がありますので、まずこれを実行してみましょう。

1、オフィース(エクセル)のCDロムを用意します。
2、メニューの「ヘルプ」→「アプリケーションの自動修復」と進みます。
3、「開始」ボタンを押します。
4、情報収集のメッセージが表示され情報収集が実行されます。
5、CDディスクの挿入を要求する画面がでます。
6、最初に用意しておいたCDロムを挿入して「OK」ボタンを押します。
7、修復作業が開始されます。

この作業でも修復できない場合は
オフィース本体の修復、再インストールを実行することになります。

★エクセル2013/2016での修復方法は次の動画で確認ください。

※Windows10では動画とは手順がことなりますので、
下部の補足説明をご確認ください。

エクセル2013/2016で実行する場合の補足説明です。

エクセル2013以降の最新バージョンでは
コントロールパネルのアプリケーションの
追加と削除から実行します。

Windows10では
設定→コントロールパネル→プログラム→プログラムと
機能のプログラムのアンインストールまたは変更になります。

MicrosoftOfficeを選択して変更ボタンをクリックします。

メッセージが表示されますが修正ボタンを押して実行となります。

上記作業は動画でご確認ください。
※動画はWindows10ではなく旧バージョンです。


分数が日付になる修正方法 

IF関数の空白セルのエラー解決技 

VBAよるエラー 修正方法 

メニューバーが消えた?解決裏技 

ひらがなを編集し表示順を修復する裏技 

計算結果がエラー表示しの対処する裏技 

ファイル破損の動作不安定の対処方法 

式の参照エラーを解決する裏技 

エラーに対応するバックアップの裏技 

= @の後の入力で#NAME?になるエラー修正方法 

未入力セルで#DIV/0!を解決するエクセルの技 

合計値が24時間以上で発生するエラー修正 

設定外の入力にメッセージ表示する技