エクセルでエラー表示#DIV/0!など印刷しない方法

エクセルでデータが未入力のため、
エラー表示 #DIV/0!
などが表示される場合に
そのエラーを表示させない方法は、
データ未入力字のエラー表示を消す。」
で説明しています。

このページでは
エラー表示がそのままでも
それを印刷したときに
エラー値を印刷しない方法の紹介です。

まず旧バージョンのエクセルの方法です。

1、メニューの
 「ファイル」→
 「ページ設定」と進みます。

2、表示された画面の
 「シート」タブをクリックして開きます。

3「印刷」の
 「セルのエラー」で▼をクリックして
 表示されたメニューから
 「<空白>」を選択します。

4「OK]ボタンを押して完了です。

5、この設定をしておけば、
 エラー表示はされていても
 印刷では空白となり、
 エラー値は印刷されません。

エクセル2013以降の
最新バージョンのエクセルの方法
です。

旧版と違うのは
「ページ設定」への移動だけです。

エクセルのメニューの
「ページレイアウト」タブを開きます。

エクセルのページレイアウト

上の画面のように
右下の端の
小さなアイコンをクリックします。

「ページ設定」が開いたら
「シート」タブを開きます。

エクセルのエラーを印刷しない設定方法

「セルのエラー」の
「表示する」の右端の
[∨]をクリックします。
「空白」を選択して
「OK」ボタンで完了です。

「印刷」または
「印刷プレビュー」で確認して
印刷を実行します。