郵便番号入力で、くぎり記号を自動挿入するエクセルの技

郵便番号の入力を入力するには3桁の数字を入れて
「-」記号をいれ、また4桁の数字をいれる!

さほど手間な作業でもありませんが、
住所の数が増えれば少しの手間も減らしたいもの。

この方法を使えば記号は入れなくても数字だけ入力なので便利かつ時短になります。

旧バージョンと新バージョンのエクセルに対応で画像と動画で説明しています。

※エクセル2013/2016での方法は
下部の動画と最下部の補足説明を参照ください。

次の説明は旧バージョンのエクセルの説明となります。

セルの書式設定のユーザー定義

住所データを複数入力する場合は少しでもキー操作を減らしたいですね。

郵便番号が、番号だけの入力でくぎりの
記号を自動的に挿入する方法を紹介します。

入力:6980001 → 表示:698-0001となります。

1、郵便番号を入力するセルの範囲をマウスで指定します。
 列番号をクリックして、その列全てを範囲指定してもOKです。
2、メニューの「書式」→「セル」→ 「セルの書式設定」をクリックします。

3、セルの書式設定の画面の「表示形式」の「分類」から
 「ユーザー定義」を選択してクリックします。

4、上の図のように、「種類」の入力フォームに「000-0000」と入力します。

5、最後にこの画面の「OK」ボタンを押せば完了です。

エクセル2013/2016で操作した動画をアップしました。
最下部の補足説明も合わせてご確認ください。

動画の補足説明です。

動画での説明はエクセルのメニューから実行するのではなく、
セルの範囲を指定したら右クリックから開くプルダウンメニューより
「セルの書式設定」を選択して実行します。

エクセル2013以降の新バージョンのエクセルでも
「セルの書式設定」の画面は、わずかにデザインが違うだけで
旧バージョンで説明の画像の画面とほぼ同じです。

ですので、そこからの操作は旧バージョンのエクセルと同じ方法で設定してください。
動画と旧バージョン説明を合わせて確認いただけましたら分かり易いかと思います。