エクセルで入力できない記号と特殊文字の入力方法

このページではエクセルでキーボードから直接入力できない特殊な記号などを
簡単に入力する方法を画像と動画を使い説明しています。

また、最新バージョンのエクセルでの使い方も動画で分かるようになっています。

初心者用の説明もあります。
計算式の入力や関数の使い方などエクセル2013での方法はこちら

関数の基本についての説明(旧版)はこちら

マイクロソフトのエクセルで著作権を標記するコピーライトや特殊な文字で、
キーボードから直接入力できない文字を入力できるようにする方法です。

★最初に旧エクセルでの説明です。
エクセル2013/2016での操作方法は下部の動画と最下部の追記を参照ください。

1エクセルのメニューの「挿入」→「記号と特殊文字」と進みます。

2、「特殊文字」タブを開き、一覧からコピーライトを選択します。

3、「挿入」ボタンをクリックします。

4、「閉じる」ボタンをクリックします。

「記号と特殊文字」のタブを開くと記号や単位を選択して入力することができます。

★エクセル2013/2016で操作した動画をアップしました。
下部の動画の説明追記をしておりますので、合わせてご確認ください。

動画説明の追記です。

エクセル2013以降の最新バージョンでも
旧バージョンのエクセルの手順と同じです。

「挿入」から開く画面が新バージョンのリボンデザインのため
 旧バージョンに慣れていた方は戸惑うかもしれませんが、
動画を見ていただければ直ぐにわかります。

動画ではエクセルでどのような記号や特殊文字が使えるか表示していますので参考になると思います。
入力画面を開いたまま次々と記号を入力する場面も確認していただけます。