文字入力の切替を自動で行うエクセルの入力規則の設定方法

エクセルのセルに文字を入力する時に、
入力して欲しい文字の
種類に強制的になるように設定する方法です。

これが設定されていると
入力後に文字の変換をする手間が減り
仕事の効率アップ!時短になります。

入力規則で列ごとに設定する対処方法です。

マイクロソフトのエクセルで
郵便番号=半角英数
住所=日本語入力
フリガナ=カタカナ
といった
列ごとに文字入力を
キーボードで変換するのはめんどうな作業ですね。

エクセルの入力規則で列ごとに設定をしておけば、
そのセルを選択するだけで
文字入力モードが自動的に変わり操作が楽になります。

※エクセル2013での操作方法は最下部の動画を参照!

1、設定をする列をクリックします。
(B列を半角カタカナに設定する場合はBをクリックします)
2、メニューの「データ」→「入力規則」と進みます。

3、開いた画面の「日本語入力」タブをクリックして
 設定画面を開きます。

4、日本語入力タブ画面の「日本語入力(M)」は
通常は「コントロールなし」になっています。

▼をクックして表示されたメニューの
 「オン」を選択すれば、日本語モードに設定。

 「半角カタカナ」を選択すれば、
 その列は全て半角カタカナのモードに設定されます。

5、「OK」ボタンを押して完了です。

設定するエクセルの列ごとに入力規則で設定をしてください。

エクセル2013/2016で実行した動画をアップしました。
動画の下部に補足説明を追記しているので合わせてご確認ください。

動画の補足説明と
最新バージョンのエクセルの操作について
動画の操作も旧バージョンの
エクセルの説明とほぼ同じ操作となります。

「データ」メニューから開いた画面の
リボンの画面デザインが違いますが
「入力規則」は分かり易い位置と表示になっていると思います。

不明な場合は動画でご確認ください。
動画では日本語入力は「オン」ではなく
「ひらがな」「カタカナ」「半角英数字」を
直接選択した3つの例で比較して表示しています。

強制的に入力した文字が
設定で選択したものに変わっていることが確認できると思います。