エクセルで次列の最初のセルへ折り返し自動的に移動する方法

エクセルで選択した範囲に
文字を入力していくときに
スムーズに最初のセルから最後のセルまで
手間なしで入力セルに移動してくれる方法です。

えっ!これだけでいいの?っていう
簡単な方法なので、頭に入れておくと良いです。

マイクロソフトのエクセルで
データを上から順番に連続で入力していくと
最後の行まで入力した後で、
次の列の最初の行へ移動するのは
データ量が多いほどめんどくさい作業だとおもいます。

エクセルの最後の行まで入力したら、
次の列の最初の行へ自動的に移動して入力できる技です。

エクセル連続入力折り返しは
とてもかんたんなので、覚えておくと便利です。

データを入力する範囲をマウスで指定します。

範囲を指定した状態でデータを入力します。

一行のデータを入力したら
「Enter」キーで次の行へ移動します。

入力セルの移動を自動で実行する方法

データ入力と「Enter」の連続だけで
全ての範囲にスムーズに移動することができます。

エクセルのバージョンに関係なく
新・旧どのばーじょんでも活用できます。

※選択範囲を保持できている時だけ有効なので、
選択範囲が解除される操作が必要になった場合は、
その時点より残念ながら無効となります。

※セルの移動方向を下ではなく右に設定している場合は
その設定に従い移動しますので
右方向の最後の列から次の行の最初へ移動します。