エクセルのデータフォームから入力する方法

エクセルで特別なプログラムを利用しなくても
エクセルが単体のカード型ソフトのように
専用の入力フォームを使って
分かり易く簡単なデータ入力ができます。

新バージョンでのエクセルの使い方は
動画説明を付け加えていますので、
最下部の追記説明と合わせて確認ください。

最初に旧バージョンのエクセルの説明をさせていただきます。

エクセルでデータフォーム画面からデータを入力するととても
カンタンにスムーズにデータを入力していくことができます。

エクセルフォーム入力が簡単

1、項目が入力された表をエクセルで作ります。
2、項目が入力されたセルの一つをクリックします。
(項目が入力されていれば、どのセルでもOK)

3、メニューの「データ」→「フォーム」と進みます。
 ※ 「列見出しを含む、、、。」の
 メッセージが表示されたら「OK」を押してください。

4、データ入力用の画面が表示されるので、
 項目別にデータを入力してください。

5、次のデータを追加する場合は
 「新規」ボタンをクリックします。

エクセル2013/2016でデーターフォームを使えるようにする方法の動画です。
このページの最下部に追記の説明をしていますので、合わせてご確認ください。

動画の追記説明です。

新バージョンのエクセルでは最初に「ホーム」タブを開きます。
エクセルの最上部の
「▼」(クイックアクセスツールバー)をクリック!
 ※不明な場合は動画で確認ください。

メニューから「その他のコマンド」をクリックします。

「クイックアクセスツールバー」の項目を選択すると
「コマンドの選択」が「基本的なコマンド」になっているので
「すべてのコマンド」に変えます。

しばらくすると全てのコマンド一覧に切り替わりますが、
かなり多いです。
その中から
「フォーム」を探してクリックします。
※名前はあいうえお順になっています。
フォームはかなり下の方です。

その右に「追加」ボタンがあるので
クリックで追加した後に「OK」ボタンをクリックします。
これでエクセルの
クイックアクセスツールバーに
フォームボタンが表示されるようになります。

エクセルに入力するデータの
最初の項目名直下のセルを選択して
「フォーム」をクリックします。

メッセージが表示されますが「OK」ボタンをクリックします。
すると自動的にフォーム画面が表示されるようになります。

このツールを追加しておけば、
いつでも入力フォームを利用できるようになります。


Enter確定後のセルを移動させない裏技 

入力できない記号と特殊文字の入力方法 

名前にふりがなを入力する裏技 

指定範囲以外は入力拒否方法 

次列のセルへ自動的に移動する裏技 

毎回使う名前を1文字で入力する裏技 

キー2つ押しで時刻一発入力の技 

エクセルの図にコメントを表示する裏技 

数値だけの連続データを入力する方法 

連番の番号を自動的に表示させる裏技 

確定後のセルの移動方向を変える技 

セルに全角・半角・英数・ひらがな設定 

データフォームから入力する裏技 

Tabキーで確定して方向変える裏技 

キーボードでセルを一発挿入する技 

土日を省いた連続日数を一発で入力する 

半角の半角を挿入する技 

一行飛ばし連番を自動入力する裏技 

文字入力の切替を自動で行う裏技 

郵便番号のー記号を自動挿入する裏技

その他の裏技