エクセルにキー2つ押しで時刻一発入力の技

このページでは
日付や時刻をエクセルに入力するときに、
キーボードから1文字づつ入力するのではなく
ショートカットキーの入力だけで
一発で現在の日付や時刻を入力する方法です。

さらにマウス操作を付加えるだけで
連番の日付や時刻も入力できて便利です。

みなさんは日付や時刻を
エクセルに入力する時に
毎回一文字づつ手入力していませんか?

これらは数字と記号の挿入となり、
それが複数セルに入力が必要となるとイラつきませんか?

これからお知らせする方法を利用すると、
その手間が省け仕事の効率アップで時短が可能になります。

イライラ解消に次の方法を是非お試しください。
この方法は新・旧どのエクセルのバージョンでも可能です。

エクセルへの日付入力は「Ctrl」キーと「;(セミコロン)」
を同時に押すと自動的に入力されます。

エクセルに日付を自動入力する

時刻は「Ctrl」キーと「:(コロン)」
を同時に押すと自動的に入力されます。
これで、
毎回時間を入力する時刻表などでは
かなりスピードアップができますね!

さらにマウスでそのセルを
次の画面のようにドラッグすると
連続した日付と時刻をエクセルに挿入ができます。

連続した日付と時刻をエクセルに挿入

ただし、
日付は実用的に連番の年月日となりますが、
時刻は時の連番で
分は入力した分が変わらず挿入されます。

時刻の場合はジャスト1時間の
同一間隔での連番を作るときのみ利用可能と思います。