エクセルのセルに全角・半角・英数・ひらがなを設定

エクセルで1列ごとに入力する
文字の種類が決まっている場合は、
その都度変換するより最初からその列に
変換する文字を設定して
入力作業が楽になるようにしておきましょう!

その方法を画像付きで分かり易く
簡単に例を挙げて説明しています。

マイクロソフトのエクセルで
毎回入力するたびに、その項目の列や行ごとに
文字の入力モードを変えるのは大変です。

最初から行や列を設定しておけば、
自動的に
入力モードの切り替えができて
入力がスムーズにできます。

エクセル2013/2016にも対応の説明です。

 設定方法
1、エクセルの列にモードを設定する場合は、
その列の
「列番号」をクリックして列全体の範囲指定をします。

例えば「Aの列」を設定する場合は
「A」をクリックします。

2、メニューの「データ」→「入力規則」と進みます。

エクセル2016の画面で説明した画像です。

データの入力規則を開く

3、「入力規則」の画面の「日本語入力」タブをクリックします。

4、開いた画面の「日本語入力(M)」は
 通常「コントロールなし」になっているので、
 その右端の▼をクリックしてメニューを表示します。

入力文字の種類を選択する

5、メニューの中から設定した文字を選択します。
 例えば「半角カタカナ」を選択すると
 A列に入力される文字は自動的に
 半角カタカナで入力されます。

6、最後に「OK」ボタンを押して設定完了です。


Enter確定後のセルを移動させない裏技 

入力できない記号と特殊文字の入力方法 

名前にふりがなを入力する裏技 

指定範囲以外は入力拒否方法 

次列のセルへ自動的に移動する裏技 

毎回使う名前を1文字で入力する裏技 

キー2つ押しで時刻一発入力の技 

エクセルの図にコメントを表示する裏技 

数値だけの連続データを入力する方法 

連番の番号を自動的に表示させる裏技 

確定後のセルの移動方向を変える技 

セルに全角・半角・英数・ひらがな設定 

データフォームから入力する裏技 

Tabキーで確定して方向変える裏技 

キーボードでセルを一発挿入する技 

土日を省いた連続日数を一発で入力する 

半角の半角を挿入する技 

一行飛ばし連番を自動入力する裏技 

文字入力の切替を自動で行う裏技 

郵便番号のー記号を自動挿入する裏技

その他の裏技