エクセルの計算式の範囲指定を名前指定に変更する方法

エクセルで計算式使う場合に
計算するセルの範囲を指定しますが
標準設定ではセル番号で範囲指定します。

マウスで範囲を指定した場合は
自動的にその範囲がセル番号で入力されています。

エクセルのセルの範囲は
名前を付けることができるので、
上記で指定した範囲を後から
名前に変更する方法です。

指定した範囲を
自分が分かり易い名前に変えると、
後で確認する際に
指定している場所が
イメージし易くなるという利点があります。

セル番号と名前指定の
どちらが良いか個人差はあると思いますが
一度試してみてください。

なお、メニューがリボン表示に変わった
最新バージョンのエクセルでは
操作に違いがあるため説明を追加しました。

◆使い方

★まずは旧バージョンのエクセルでの方法です。

エクセルの
セルの範囲を指定して
作った式を後から
セルの範囲を名前に変更する方法です。

範囲を名前に変更しておくと
別のシートにあるデータの参照も楽になります。

エクセルの名前の引用

1、名前に変更する範囲を
 マウスでドラッグして指定します。

2、名前ボックスに、
 その範囲の名前を入力します。

3、合計など結果を表示する
 セル(式があるセル)をクリックします。

4、メニューの
「挿入」→
「名前」→
「引用」と進みます。

5、開いた画面に表示された
 リストから名前ボックスに入力した
 名前を選択します。

6、「OK」ボタンを押して完了です。

式のセルの範囲が名前に変わります。

エクセルの最新バージョン2013以降では
 名前の引用は名前の定義と変わっています。

次のように数式タブを開いたら
計算するセルの範囲を
マウスで指定します。

エクセルの名前の定義

次に名前の定義をクリックします。

表示された新しい名前の
名前(N)に分かり易い名前を入力して
「OK」ボタンを押します。

次に計算式を入力したセル
(答えを表示するセル)を選択します。

数式バーに計算式が表示されます。

エクセルの関数ライブラリーから選択

※この計算は合計を計算する
 SUM関数の例です。

上の画面のように
計算式の()内にある
セルの範囲を
自分が付けた名前に書き換えます。

上の画面は金額と書き換えたサンプル画像です。