エクセルで時間の引き算や計算をする方法

エクセルを使い
12時から10時を引くと
エラーとなります。

これを-2時と計算する方法の説明です。

これは旧バージョンのエクセルでの方法です。
この方法を利用しなくても
文字の入力方法で解決できますので
追記を下のほうに入れておきます。

この方法は4ステップで完了します。

1、メニューの
「ツール」→
「オプション」と進みます。

2、開いた画面の
「計算方法」タブを開きます。

3「ブックオプション」の
 「1904年から計算」にチェックを入れます。

4「OK」ボタンを押して完了です。

次の画面はエクセル2016(エクセル365)です。

エクセルで時間の計算

これは時間を12:00 や 10:00として入力すると
引き算や足し算を自動で計算される例です。

上の画面の画像のように
SUM関数を使った合計も大丈夫です。

ちなみに
エクセルの最新版では
「数式」タブの右端に
「計算方法」アイコンがあります。

これで数式を
自動的に計算するか
手動で計算するかの設定ができます。
また
「データテーブル以外は自動」も選択できます。

エクセルの計算を自動と手動に切り替える

手動計算にしている場合は
データの数値を変更しても答えは計算しないので
「再計算実行(F9)」アイコンで
データ変更後の答えを表示することになります。


曜日別に合計を表示させる方法

SUM 関数なしで一発で合計を出すエクセル活用技!

15分や30分の単位で切り上げ切り下げする方法

アルバイトの金額を計算!自動表示方法

タテ/ヨコの総合計を一発で出す方法

ローン返済額と利率から返済回数を表示する方法

小数点以下を四捨五入で表示する方法

支払い予定日を自動表示する方法

エクセルで時間の引き算や計算をする方法

書式を除き式だけ一発で貼り付けする方法

月末が何日なのか?知るための方法

関数を使い指定した文字のグラフを作る方法

セルに名前を付けて計算する方法(動画付 説明)

セルに名前を付けて計算する方法その1

セルの入力を制限(ロックや保護)する方法

式の中に文字を入れてもエラーにならない方法

数式の参照元を矢印で表示させる方法

土日、祭日を除いた勤務日数の計算方法 (関数活用)

計算式の範囲指定を名前指定に変更する方法

ダブルクリックでエクセルの式をコピペする方法