エクセルの数式の参照元を矢印で表示させる方法

エクセルで
複雑な数式を使ってできている表計算で、
(関数を使った式など)

どのセルの数値を参照して
結果を表示しているのか?
それを知るために、
関連したセルを矢印で表示させると、
一目で参照元セルを知ることができる。

関数の使い方を勉強するのに便利な機能です。

次の手順は旧バージョンのエクセルでの方法です。

1、メニューの
「表示」→
「ツール」→
「ワークシート分析」→
「ワークシート分析ツールの表示」
 とすすみます。

エクセルのワークシート分析

2、計算結果が表示されている
 セルを選択します。

3、表示されたツールバーの
「参照元のトレース」ボタンを
 クリックします。

エクセル2013以降の最新バージョンでは
「数式」タブに
「参照元のトレース」があります。

4、参照元のセルから
 青色の矢印が表示されます。

5、矢印を削除するために
「すべてのトレース矢印を削除」
 ボタンをクリックします。

矢印は参照元からも
結果表示セル
どちらからもでも
表示させることができるので、
それぞれのセルを選択して試してみましょう。