エクセルの裏技! 土日、祭日を除いた勤務日数の計算方法 (関数活用)

エクセルで
指定した期間内の土日と祭日を除いた
勤務日数を知りたい場合の式です。

◆説明 

エクセルで土日祝日を除く

上のような表を例にすると、C2のセルに式を入力します。

「 =NETWORKDAYS(A2,B2,B3) 」

「=NETWORKDAYS」 は週日の日数を求める関数です。

「A2」 は開始日が入力されているセルがA2であることを指定。

「B2」 は終了日が入力されているセルがB2であることを指定。

「B3」 は祭日日が入力されているセルがB3であることを指定。

※祭日が複数ある場合はセルの範囲を指定します。

◇例

祭日が
B3のセル~B5の
セルの間に3日ある場合は

「B3:B5」となります。

式全体は
「 =NETWORKDAYS(A2,B2,B3:B5) 」 
となります。

この関数は
エクセルで日数計算「NETWORKDAYS」関数の使い方
でも説明しています。