エクセルでアルバイトの金額を計算!自動表示方法 (HOUR関数)

時給で働く人には便利です。
この方法を利用した実際のテンプレートも
ダウンロードできます。
(最下部にリンクしています)

◆説明 

退出時間から出勤時間を引いて
でた数値を「HOUR」関数で
時間に変換したものに
時給金額を掛けます。

1、次のように設定した例で説明します。

A2セル 出勤時間を入力するセル
B2セル 退出時間を入力するセル
C2セル 勤務時間を表示するセル
D2セル 時間を表示するセル
E2セル 時給を入力するセル
F2セル 合計金額を表示するセル

エクセルのHOUR関数で時給計算

2「C2」のセルをクリックして「=B2-A2」と入力する。

3「D2」のセルをクリックします。

4、ツールバーの「fx 」のアイコン
 (関数貼り付け)をクリックします。

5、表示された画面の
 「関数分類」のリスト一覧から
 「日付/時刻」をクリックします。

6「関数名」のリスト一覧から
 「HOUR」をクリックします。

7「OK」ボタンを押します。

8、表示された画面の
 「シリアル値」に
 「C2」と入力します。

9「OK」ボタンを押します。

10「F2」に
  「 =D2*E2 」と入力します。

※ 時間の入力は8時30分なら
 「8:30」というように入力します。

※「C1」のセルの書式設定の表示の
 分類を「時刻」にしてください。

給料計算のテンプレートはこちらからダウンロードできます。
実物を参照しながら確認いただけましたら
理解し易いかと思います。