エクセルのセルに名前を付けて計算する方法

複数あるデータの中の
一部の範囲に名前をつけ、
その名前を計算式に使うことができます。

例えば、
全国の支店の毎月の売上が
一つの表に入力されているとして、
その中の
「広島支店」のみのデータの
総合計を表示する場合で説明。

※下部にエクセル2013の場合も
動画で説明しています。

エクセルの参照元の範囲を名前にする

  • 1、「広島支店」のデータの範囲をマウスでドラッグして指定します。

    エクセルのSUM関数を使った例

    2、メニューの「挿入」→
    「名前」→「定義」をクリックします。

    3「名前の定義」画面の「名前」に
    「広島支店」と入力して、 
    「OK」をクリックします。

    4「広島支店」の
     合計を表示したいセルに次のように入力します。
    ※SUM 関数を使います。

    「=SUM(広島支店)」

    5、「Enter」キーで確定して完了です。

    エクセル2013で操作した動画をアップしました。