セルに名前を付けて計算する方法(動画付 説明)

複数あるデータの中の
一部の範囲に名前をつけ、
その名前を計算式に使うことができます。

例えば、
全国の支店の毎月の売上が
一つの表に入力されているとして、
その中の
「広島支店」のみのデータの
総合計を表示する場合で説明。

※下部にエクセル2013の場合も
動画で説明しています。

エクセルの参照元の範囲を名前にする

  • 1、「広島支店」のデータの範囲をマウスでドラッグして指定します。

    エクセルのSUM関数を使った例

    2、メニューの「挿入」→
    「名前」→「定義」をクリックします。

    3「名前の定義」画面の「名前」に
    「広島支店」と入力して、 
    「OK」をクリックします。

    4「広島支店」の
     合計を表示したいセルに次のように入力します。
    ※SUM 関数を使います。

    「=SUM(広島支店)」

    5、「Enter」キーで確定して完了です。

    エクセル2013で操作した動画をアップしました。


    曜日別に合計を表示させる方法

    SUM 関数なしで一発で合計を出すエクセル活用技!

    15分や30分の単位で切り上げ切り下げする方法

    アルバイトの金額を計算!自動表示方法

    タテ/ヨコの総合計を一発で出す方法

    ローン返済額と利率から返済回数を表示する方法

    小数点以下を四捨五入で表示する方法

    支払い予定日を自動表示する方法

    エクセルで時間の引き算や計算をする方法

    書式を除き式だけ一発で貼り付けする方法

    月末が何日なのか?知るための方法

    関数を使い指定した文字のグラフを作る方法

    セルに名前を付けて計算する方法(動画付 説明)

    セルに名前を付けて計算する方法その1

    セルの入力を制限(ロックや保護)する方法

    式の中に文字を入れてもエラーにならない方法

    数式の参照元を矢印で表示させる方法

    土日、祭日を除いた勤務日数の計算方法 (関数活用)

    計算式の範囲指定を名前指定に変更する方法

    ダブルクリックでエクセルの式をコピペする方法