エクセルの裏技!見られたくないデータを隠す方法

このページではエクセルの
表示・非表示の操作方法の説明で
列や行を全て隠してしまう
操作手順のお知らせをしています。

※新旧バージョンの
エクセルにより操作方法が異なります。

別々に説明しているので合わせてご確認ください。

最新バージョンでは
2アクションで操作が完了します。

◆説明

最初に旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

例えばエクセルで、
項目の電話番号や
アドレスを見られたくないときに
行や列全てを
一時的に非表示にすることができます。

○行を隠す

1、非表示にする行のセルをクリックします。

2、メニューの「書式」→「行」→
 「表示しない」をクリックすればOK。

エクセルで表示をオフにする方法

非表示を解除するには、
「表示しない」の下のほうにある
「再表示」をクリックすると
元の表示に戻ります。

○列を隠す

1、非表示にする列のセルをクリックします。

2、メニューの「書式」→「列」→
「表示しない」をクリックすればOK。

非表示にしたデータは、
印刷しても非表示部分は印刷されません。

エクセル2013以降の最新バージョンでは
操作がもっと簡単です。

次のように2アクションで完了します。

1、列か行番号の選択で
 列や行の全体を選択します。

2、右クリックのメニューから
 非表示を選択します。

エクセル2013以降で非表示にする方法