エクセルで不要なツールバーのボタンを非表示にする方法

このページでは
エクセルに表示されている
ツールボタン(アイコン)を
削除する方法について説明しています。

削除方法はシンプルで簡単ですが、
エクセルの新旧バージョンにより
操作方法に違いがあります。

そのためアイコンが
リボン表示のエクセル用の説明を追加しています。

最新バージョンの説明画面は
エクセル2016で作成したものです。

最初に旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

不要なツールバーの
ボタンを非表示にする方法です。

1、ツールバーの右端にある
 「ツールバーオプション」をクリックします。

2、「ボタンの表示/非表示」→
 「標準」→と進みます。

3、不要なボタンのチェックを外せばOKです。

エクセルのボタンの表示/非表示の設定画面

★ツールバーがリボン表示になった
最新バージョンのエクセルの操作方法です。

ツールバーのアイコンなどがない
空白の部分(何処でもいいです)を
右クリックします。

エクセル2013でアイコンを削除する方法

開いたメニューから
「リボンのユーザー設定」を選択
クリックします。

「リボンのユーザー設定」画面が開き、
次の画面のように右側に表示の上部は
「メインタブ」になっています。

最新エクセルはリボンのユーザー設定で実行

「メインタブ」にない
アイコンを削除する場合は
「すべてのタブ」に変えます。

右端の▼をクリックすると
メニューが表示されるので、
そこから選択します。

この説明では例として
「挿入」タブの「アドイン」を削除します。

[挿入]の左にある
[+]をクリックして一覧を開きます。

その一覧から
[アドイン]をクリックします。

設定画面の中央にある
「削除」をクリックします。

最後に「OK」ボタンをクリックして完了です。

再度追加する場合は、
この設定画面の左の
メニュー(コマンドの選択)一覧から選択して
「追加」ボタンを押します。


メニューバーを表示/非表示にする方法 

1000→1というように表示する方法 

〒マークを後から一括挿入する方法 

画像をワンクリックで挿入する方法 

ウィンドウを固定し常に項目を表示する技 

スクロールバーの移動より早く移動する技 

不要なツールバーのボタンを非表示にする方法 

交互にセルの色を変える方法 

同じ図形を簡単に複数配置する方法 

同じ設定の図形を複数作る方法 

姓名を自動で振り分けて表示する方法 

完成した表をスッキリ綺麗に見せる技 

指定範囲のセルのデータをまるごと入替える技 

挿入した図の明るさを調整する方法 

数字の前に記号やNoなどを付加えて表示する方法 

書式を登録して簡単に再利用する方法 

目標達成した数値に色を付けて表示する方法 

範囲の列や行を全て同じ幅にできる技 

良く使うツールをツールバーに登録する方法 

英字+ナンバーでナンバーのみ連番にする方法 

その他の裏技