エクセルでウィンドウを固定し常に項目を表示する技

エクセルのセルの行や列が多い表で
下方にあるデータへ移動した時に
目的のデータが
どの列番号にあったか覚えてなく
もう一度上までスクロールして
項目を確認した経験はないですか?

このページでは
そういった失敗をなくし
常に項目だけは固定して
表示する方法の説明です。

※新旧のバージョンの違いにより
操作手順が異なります。

エクセル2013以降のメニューが
リボン表示タイプの
画像付きの説明を追加しました。

最初に旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

縦長や横長のエクセルの表で、
データが多い場合に
最後の入力位置までスクロールすると
項目が見えなくなり
不便さを感じるといったことがなくなります。

ウィンドウを固定すると
常に項目が表示された状態になるため、
上記の不便さを解決できます。

1、縦、横の項目名が交わった
 最初のセルをクリックします。

次の画像の例では
「パン」と入力された位置となります。

エクセルのデータ例

2、メニューの「ウィンドウ」→
 「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。

ウィンドウ枠の固定

項目とデータを入力する
セルの間に境界線が表示され、
縦方向や横方向へスクロールしても、
項目が見えなくなることはありません。

ウィンドウの固定を解除する場合は
メニューの「ウィンドウ」→
「ウィンドウ枠固定の解除」を
クリックで元に戻ります。

最新バージョンのエクセルでは
メニュー表示用の「ウィンドウ」タブはなく
リボン表示タイプになっています。

そのため、項目の固定は
「表示」タブを開いて実行することになります。

最新バージョンのエクセルで設定する場合

上の画面画像のように
「ウィンドウ枠」の固定にある
▼をクリックすると
3つの選択メニューが表示されます。

今回はこの中の
「先頭行の固定」を選択します。

旧バージョンのエクセルと同じく
最初にデータ入力されているセルを選択してから
「先頭行の固定」をクリックすれば完了となります。