エクセルで良く使うツールをツールバーに登録する方法

このページでは
マイクロソフトのエクセルで利用する場合に
よく使うツールに即アクセスする方法を説明します。

エクセルが多機能なだけに
利用できるツールは多く
目的のツールを開くのに手間がかかることがあります。

よく利用するツールは
素早く開ける場所に登録しておいたほうが便利です。

新旧のエクセルのバージョンにより
操作方法が違います。

新バージョンの動画説明を追加しました。
下部の補足説明もご確認ください。

まずは旧バージョンのエクセルの説明です。

エクセルのメニューのリストにあるコマンドをドラッグするだけで
ツールバーに登録する方法です。
1、メニューの「ツール」→「ユーザー設定」で
 設定画面を開きます。
(開くだけで設定はしません)

エクセルのツールバーに登録する方法

2、ツールバーに登録したいメニューを開きます。

3、そのリストの中から登録したいメニューを
 「Ctrl」キーを押しながら
 ドラッグしてツールバーに落とします。

 ※ ユーザー設定画面を開いてないとこの操作はできません。

この方法であれば、
 ユーザー設定のコマンドリストにないものも登録できます。

エクセル2013以降の新バージョンは動画説明にしました。
下部の補足説明も見てください。

動画説明はエクセル2016です。

よく使うツールはエクセルの
最上部に表示するクイックアクセスに登録します。

クイックアクセスに既に保存、
戻る、進むなどが登録されています。

その右端に▽をクリックで開く
「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」の
メニュー一覧を表示します。

チェックが付いているのが
現在表示されているツールです。
その下部に
「その他のコマンド」があるのでクリックします。

カスタマイズの画面が開きます。

右側ウィンドウは登録済ですので
左側に表示されている一覧から選択して追加します。

例として「グラフの作成」を選択して
「追加」ボタンで追加後に「OK」で確定します。

上部に「グラフの作成」ツールが表示されました。

グラフにするデータの範囲を選択して
グラフのツールボタンを押すだけで
グラフが作成できるようになりました。

このように素早く操作を実行でき時短効果は大きいです。


メニューバーを表示/非表示にする方法 

1000→1というように表示する方法 

〒マークを後から一括挿入する方法 

画像をワンクリックで挿入する方法 

ウィンドウを固定し常に項目を表示する技 

スクロールバーの移動より早く移動する技 

不要なツールバーのボタンを非表示にする方法 

交互にセルの色を変える方法 

同じ図形を簡単に複数配置する方法 

同じ設定の図形を複数作る方法 

姓名を自動で振り分けて表示する方法 

完成した表をスッキリ綺麗に見せる技 

指定範囲のセルのデータをまるごと入替える技 

挿入した図の明るさを調整する方法 

数字の前に記号やNoなどを付加えて表示する方法 

書式を登録して簡単に再利用する方法 

目標達成した数値に色を付けて表示する方法 

範囲の列や行を全て同じ幅にできる技 

良く使うツールをツールバーに登録する方法 

英字+ナンバーでナンバーのみ連番にする方法 

その他の裏技