エクセルで書式を登録して簡単に再利用する方法

このページでは
利用回数の多い書式(フォント)を
スタイルに登録しておいて、
ワンクリックで
その書式に変更する方法をお知らせしています。

新旧のバージョンのエクセルでは
方法が違いますので
動画で2013以降の最新バージョンの
操作方法を説明します。

下部の追記説明も合わせてご確認ください。

自分の好みの組み合わせを登録しておけば
ワンクリックでそのスタイルが摘要されて便利です。

登録できるのは、
罫線や書式などで表の項目やタイトルに利用できます。

★最初に旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

登録方法

1、登録したい書式をセルに入力しておきます。
 既にできているものを活用するのであれば、
 そのセルを選択してください。

2、メニューの「書式」→「スタイル」と進み
 スタイルの登録画面を開きます。

3、「スタイル名」にスタイルの
 名前を決めて入力します。

4、「追加」ボタンをクリックします。

5、「OK」ボタンをクリックします。

ここまでの作業で登録が完了しました。

■ 利用方法

1、登録したスタイルを
 適用させたいセルの範囲を選択します。

2、メニューの「書式」→「スタイル」と
 進み開いた画面で
 「スタイル名」(登録した)を選択します。

 選択は右端の▼をクリックすると
 登録してあるリストが表示されます。

3、「OK」で設定したスタイルが適用されます。

◆ ツールバーに登録

メニューの「ツール」→「ユーザー設定」と進み
「コマンド」タブで「スタイル」コマンドを
ツールバー上に ドラッグすると、
ツールバーでスタイルを選択して適用ができます

最新バージョンのエクセルは次の動画で説明しています。
下部の追記説明もご確認ください。

動画の追記説明です。

エクセル2013以降では
「ホーム」タブを開いて設定します。

最初によく使う書式を
一つのセルに設定しておきます。

そのセルを選択しておいて
「セルのスタイル」をクリックします。
「新しいセルのスタイル」をクリックします。

「スタイルの名前」を変更して
自分が分かり易い名前に替えて
「OK」で登録を確定します。

登録したスタイルの使い方は
スタイルを利用するセルを選択したら
「セルのスタイル」をクリックすると
登録完了したスタイル名が一番上に表示されていますので
それをクリックするだけです。

動画では変更したスタイルと
標準の書式のセルの違いを
実際に文字を入力して違いを確認しています。