エクセルの裏技!重複データを探し表示する方法

このページでは
エクセルに入力したデータに
同一の文字がある場合
その重複したデータを
見つけやすくするために
重複したデータのセルの背景に
色を付ける方法をお知らせしています。

新旧のエクセルのバージョンにより
操作方法が異なりますので

最新バージョン用の説明動画を追加しました。

最初に旧バージョンの
エクセルでの操作方法です。

エクセルの表のデータの中で
重複した名前などのデータを
簡単に見つけるための方法です。

重複したデータがある場合は、
セルの背景に色がつきます。

文字に色を付ける設定に変更することも可能。

1、重複をチェックする
 列番号をクリックします。

この例では
「A」列をチェックするので
「A」をクリックして
「A」列を選択しました。

2、メニューの「書式」→
「条件付書式」をクリックします。

エクセルのメニュー条件付き書式

3、下のような「条件付書式の設定」画面が表示されます。
エクセルの書式設定

4、条件1の「▼」をクリックして、「数式が」に変更します。

5、その右の入力フォームへ

かんたんな関数を使う

「=COUNTIF(A:A,A1)>1」と入力します。

入力式の意味

「=COUNTIF」→
この条件にあう結果を表示させる関数です。

「A:A」→重複チェックの
 範囲がA列全てであると指定しています。

 もしもB列なら、「B:B」と入力します。

「A1」→ 検索を始める範囲の最初のセル番号です。

 もしもB1のセルが最初なら、
「B1」と入力します。

「>1」→ 同一のものが
2個以上あるかどうかの条件です。

 ※重複をチェックする列が違う場合は、
(A:A,A1)の範囲指定のみ変更します。

6、上記入力が終了しましたら、
「書式」ボタンをクリックします。

7、「セルの書式設定」画面の
「パターン」タブをクリックして
好みの色をクリックします。

 この例では、薄い緑を選択しました。

表示するカラーを選択する

8、色を選択したら、
「OK」ボタンをクリックし
「条件付書式の設定」画面の
「OK」ボタンもクリックすれば完了です。

 下の図のように、
 同一のデータのセルの
 背景に設定した色が表示されます。

設定した表示結果

文字に色を表示する
設定に変更する場合は、
「書式」ボタンから設定する画面で
「パターン」タプを「色なし」に設定し、
「フォント」タブでフォントの色を選択設定してください。

エクセル2013以降での
最新バージョンの操作方法を動画にしました。

この動画はエクセル2016で作成しています。


メニューバーを表示/非表示にする方法 

1000→1というように表示する方法 

〒マークを後から一括挿入する方法 

画像をワンクリックで挿入する方法 

ウィンドウを固定し常に項目を表示する技 

スクロールバーの移動より早く移動する技 

不要なツールバーのボタンを非表示にする方法 

交互にセルの色を変える方法 

同じ図形を簡単に複数配置する方法 

同じ設定の図形を複数作る方法 

姓名を自動で振り分けて表示する方法 

完成した表をスッキリ綺麗に見せる技 

指定範囲のセルのデータをまるごと入替える技 

挿入した図の明るさを調整する方法 

数字の前に記号やNoなどを付加えて表示する方法 

書式を登録して簡単に再利用する方法 

目標達成した数値に色を付けて表示する方法 

範囲の列や行を全て同じ幅にできる技 

良く使うツールをツールバーに登録する方法 

英字+ナンバーでナンバーのみ連番にする方法 

その他の裏技