エクセルの裏技!目標達成自動表示する方法

このページでは
エクセルに入力した表のデータから
結果を色と文書で表示して
視覚的に即判断できるようにする方法を説明しています。

新旧のエクセルのバージョンに関係なく
基本的な操作方法は同じです。

画像と動画で説明をしています。
画像は旧エクセルですが、
動画はエクセル2016で作成しています。

◆説明

エクセルの売上表のデータの数値に
3つの条件をつけ、
その結果により色付の文字で表示したり、
メッセージを表示させる方法です。

例として条件を次のようにしてみました。

条件1
目標達成の基準値以上の数値 →「目標達成!!」(赤色)

条件2
目標より大きく下回る数値 → 「※!?※」(青色)

条件3
それ以外の数値 → 標準表示(標準色)

条件1の基準値 = 500

条件2の基準値 = 300

条件3の基準値 = 標準

複雑そうですが、
書式設定のみでできる設定なので簡単にできます。

1、まず、データが入った表を作成します。
既にある表を使うこともできます。

2、この設定を行うデータの範囲を選択します。

3、範囲を選択したら右クリックし、
表示されたツリーの中の
「セルの書式設定」をクリックします。

4、表示されたセルの書式設定画面の左窓にある
「分類」から「ユーザー定義」をクリックします。

ユーザー定義の種類に特殊設定

5、その右側にある「種類」が表示されているフォーム
(最初は「G/標準」となっている)に、
直接次の文字を入力します。

※ 次の文字はコピーして貼り付けすると簡単です。

[赤][>=500]”目標達成!!”G/標準;[青][<=300]”※!?※”G/標準;G/標準

6、入力が完了したら、
この画面の「OK」ボタンをクリックして完了です。

エクセルでの設定結果が表示される

数値に文字が追加されるため、
セルの幅が広くなりますので、ご注意ください。

表示させる文字を
使用する用途に合わせて変更してください。

例えば目標達成を合格に!
合格点を80などとするとテストの結果としても利用できます。

「目標達成!!」と「※!?※」を書き換えればOKです。

条件の基準値となる数値を変更してご使用ください。

エクセル2016で作成した動画説明です。
基本的には旧バージョンのエクセルと同じです。


メニューバーを表示/非表示にする方法 

1000→1というように表示する方法 

〒マークを後から一括挿入する方法 

画像をワンクリックで挿入する方法 

ウィンドウを固定し常に項目を表示する技 

スクロールバーの移動より早く移動する技 

不要なツールバーのボタンを非表示にする方法 

交互にセルの色を変える方法 

同じ図形を簡単に複数配置する方法 

同じ設定の図形を複数作る方法 

姓名を自動で振り分けて表示する方法 

完成した表をスッキリ綺麗に見せる技 

指定範囲のセルのデータをまるごと入替える技 

挿入した図の明るさを調整する方法 

数字の前に記号やNoなどを付加えて表示する方法 

書式を登録して簡単に再利用する方法 

目標達成した数値に色を付けて表示する方法 

範囲の列や行を全て同じ幅にできる技 

良く使うツールをツールバーに登録する方法 

英字+ナンバーでナンバーのみ連番にする方法 

その他の裏技