エクセルの裏技!複数の表を3Dで一括集計する方法

このページでは
エクセルで作成した表が
複数のシートにある場合に
それらの表に入力された数値と
合計の総合計(全てのシートの合計)を
1つのシートにまとめて表示する方法を説明しています。

この操作に利用するのは
エクセルのΣボタンとshiftキーだけ!
他には範囲の選択だけと、
とても簡単にできてしまいます。

細かく説明していますので、
一見複雑な操作に思えますが
理解できたら、
な~んだそれだけ!と思える方法です。

シート内の操作だけなので
エクセルの新旧バージョンに関係なく
同じ方法で完了できます。

◆説明

複数のシート「Sheet1」~「Sheet4」に
同じ構成の表があるとして
その総合計を「Sheet5」に3D参照機能を
使って表示する方法です。

上記の条件の場合で説明します。

エクセルの表を3Dでまとめて表示する

1、「Sheet1」~「Sheet5」
 にまったく同じ構成の表を作成します。

※ 行も列も同じ数でないといけません。

それぞれの表は
 列または行に
 合計金額を表示している必要があります。

この合計金額を元に総合計を集計します。

「Sheet5」は総合計の表ですから、
 項目のみ入力してあればOKです。

2、「Sheet5」を開いて
 表の項目を除いたデータの範囲
(数値が入力されている範囲)を
 マウスでドラッグして指定します。

3、「Σ」のアイコン(オートSUM)をクリックします。

4、「Sheet1」を開いて
 数値が入力された先頭のセル
(左上のセル)をクリックします。

5、「Shit」キーを押しながら
 「Sheet4」のタブをクリックします。

数式バーには
「=SUM(‘Sheet1:Sheet4’!B2)」
 のように表示されます。

B2が数値を入力した先頭のセルなので、
 この値は
 表の作りによって違っていると思います。

6、上記の状態のまま
 「Σ」のアイコン(オートSUM)を
 クリックして完了です。

 「Sheet5」に総合計が表示されるはずです。

※各シートの総合計も
 範囲に含ませた場合は
 Sheet5にその合計も表示しますが、
 総合計の文字は消え0と表示されます。

全てのシートの総合計の総合計は
Sheet5でΣクリックにより算出したほうが良いと思います。