エクセルの画面から外れた範囲を一気に見る方法

このページでは
エクセルのシートを開いている時に、
今現在の画面上で
見ることができる範囲よりも、
もっとかなり下にあるデータを
一瞬にして開く方法を説明しています。

得に縦や横に長いデータの多い表であれば、
マウスでスクロールして開くよりも
かなり早く
エクセルの作業の時短にとても役立つ便利な方法です。

とっても単純な作業だけど
知らない方が多いと思いますので
頭に入れておきましょう。

エクセルのスクロールバーの空白をクリックする

エクセルの画面範囲から外れた範囲の
データを見るのに、
通常はスクロールバーをスライドして
実行しますが、
スクロールバーの
空白の部分をクリックすると
一気に次のデータへ移動することができます。

これは横方向で説明していますが
縦のスクロールでも同じです。

データの途中に空白が多くある場合は
次のデータの最初に飛び
それが続く表であれば、
もう一度
スクロールバーの空白をクリックすることにより
さらに隠れている
最初のデータまで飛んでくれるので
見えてない範囲に
データがあるのか不明な場合も
即見つけることが可能です。

たったこれだけの簡単操作ですが、
結果から得られる時短効果は高いと思います。

普通に表を作成しているだけの人は
たぶん知らない方法なので、
今後は是非ご活用ください。