エクセルのツールバーのアイコンを大きく表示する方法

このページでは
簡単にエクセルの上部に表示されている
ツール類のアイコンサイズを
大きくする方法を説明しています。

しかし、
エクセルの最新バージョンの
リボン表示タイプの場合は
ウィンドウサイズに合わせて
アイコンのサイズが最適化されるようになっています。
ただし強制的に変更する方法はあります。

タッチ操作に対応したエクセルでは
タッチ操作に切り替えると、
タッチミスを防ぐため
自動的にアイコンは大きくなります。

これを利用して
タッチ操作に強制的に切換えアイコンを大きくします。
この方法も別途説明を追加していますので、ご確認ください。

まず旧バージョンのエクセルでの操作方法です。

ユーザー定義のオプションを使い大きいアイコンを表示する

ツールバーのアイコンを
大きく表示する方法です。

1、ツールバーを「右」クリックします。

2、表示されたリストから
 「ユーザー設定」をクリックします。

3、「オプション」タグを開き
 「大きいアイコン」にチェックを入れます。

4、「閉じる」ボタンを押して完了です。

★エクセル2013や2016でリボン表示のアイコンの拡大方法です。

まずエクセルの左の最上部を見てください。

そこの右端に▼があるのでクリックします。

この位置は次の画像説明で確認してください。

タッチ・マウスモードの切換え

メニューが表示されたら
上の画像のように
「タッチ/マウスモードの切換え」をクリックします。

すると
次の画面のように
小さな指の形のアイコンが登場するので
そのアイコンをクリックします。

タッチで拡大を選択

標準ではマウス操作に設定されているので、
アイコンのサイズは上の画面のサイズです。

下に「タッチ」があるので、これをクリックします。

エクセルのコマンドの感覚を最適化する

すると
上の画面のようなサイズにアイコンは大きくまります。

※タッチに切り替えてもマウス操作に問題はありません。