エクセルの重複データを削除してリストに表示する

このページでは
マイクロソフトのエクセルに入力された
データ一覧から
重複したデータを取り除いて
表示する方法を説明しています。

実例では
名簿の一覧の列からの情報を得て
別のセルに重複のない
名前一覧を表示する方法の説明です。

基本的な操作手順は
新旧のバージョンのエクセルでも同じですが、
タブの表示方法が違うため
操作に迷うかと思います。
ですので、
別途動画を追加して
新バージョンの手順もお知らせしています。

◆説明(旧バージョンのエクセル)

複数の名前が登録されているデータの中に
重複した名前がある場合に
重複データを削除してリストに表示する方法です。

次の条件で実行する場合の例です。

A1が項目
A2~A11に名前データ
D列にリストを表示する。

エクセルのフィルタオプションを使う

1、C1のセルをA1と同じ項目名にします。

2、A1~A11の範囲をマウスで選択します。

3、メニューの「データ」→「フィルタ」→
 「フィルタオプションの設定」と進みます。
※ メッセージが表示されたら「OK」を押してください。

4、設定画面の「抽出先」の「指定した範囲」にチェック。

5、リスト範囲に「$A$1:$A$11」と入力します。

6、検索条件範囲に「$C$1:$C$2」と入力します。

7、抽出範囲に「$D$1]と入力します。

8、「重複するレコードは無視する」にチェック。

9、「OK」ボタンを押して完了です。

 D列に重複なしのリストが作成されます。

最新バージョンのエクルでの
操作方法を動画説明にしました。

下部の追記説明もご確認ください。

動画はエクセル2013以降(2016で作成)

エクセルのデータタブを開くと
リボン表示のため
フィルターはアイコン表示です。

そのフィルターアイコンの
右横に小さな詳細設定のアイコン
(ジョウゴに鉛筆の絵のアイコンです)があり

これをクリックで
フィルターオプションが開きます。

その他の部分については、
旧バージョンのエクセルとほぼ同じです。

画像での説明では
範囲指定を手入力でする感じで説明していますが
動画ではマウスで範囲を指定する方法で説明しています。


メニューバーを表示/非表示にする方法 

1000→1というように表示する方法 

〒マークを後から一括挿入する方法 

画像をワンクリックで挿入する方法 

ウィンドウを固定し常に項目を表示する技 

スクロールバーの移動より早く移動する技 

不要なツールバーのボタンを非表示にする方法 

交互にセルの色を変える方法 

同じ図形を簡単に複数配置する方法 

同じ設定の図形を複数作る方法 

姓名を自動で振り分けて表示する方法 

完成した表をスッキリ綺麗に見せる技 

指定範囲のセルのデータをまるごと入替える技 

挿入した図の明るさを調整する方法 

数字の前に記号やNoなどを付加えて表示する方法 

書式を登録して簡単に再利用する方法 

目標達成した数値に色を付けて表示する方法 

範囲の列や行を全て同じ幅にできる技 

良く使うツールをツールバーに登録する方法 

英字+ナンバーでナンバーのみ連番にする方法 

その他の裏技