エクセルの裏技!一度で表の全て空白セルに斜線をひく

エクセルの表の
データの中に空白があった場合に
そこを目立たせる
また入れ忘れではないことを示すために
斜線を表示する。

それを
1通りの操作で
全てのセルに実行する方法です。

この操作画面を画像と動画で説明しています。
エクセルの新旧のバージョンに関係なく
同じ操作方法となります。

◆説明

一度の操作で
表の中の全ての空白セルに斜線をひく方法です。

1、マウスで表全体の範囲を選択します。

2、この状態でキーボードの
 「Ctrl」キーと「G」キーを同時に押します。

3、「ジャンプ」という画面が表示されますので、
 その中の「セル選択」ボタンを押します。

4、選択オプション画面が表示されます。

5、選択メニューの中の
 「空白セル」にチェックを入れます。

6、「OK」ボタンを押します。

7、空白のセルだけが選択されているので、
 この状態で右クリックします。

8、表示されたメニューの中の
 「セルの書式設定」をクリックします。

セルの書式設定で空白に罫線を挿入する方法

9、「セルの書式設定」画面の
 「罫線」タブをクリックします。

10、「線」の「スタイル」のメニューから
 「実線」を選択します。

11、「斜線」のボタンをクリックします。

12、「OK」ボタンを押して完了です。

この操作を動画で説明します。
エクセル2016で操作した画面ですが、
旧バージョンも同じです。